日比谷花壇が初のグランピング施設を相模原市に開業、ドーム型テントやパノラマデッキを完備

1

2020年07月03日 20:02  Fashionsnap.com

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真日比谷花壇の
日比谷花壇の"STAY"「里楽巣 FUJINO(リラックスふじの)」外観 Image by: 日比谷花壇
 日比谷花壇が、初のグランピング型宿泊施設「日比谷花壇の"STAY"『里楽巣 FUJINO(リラックスふじの)』」(以下、里楽巣 FUJINO)を神奈川県相模原市に8月21日にオープンする。8月1日から公式サイトで予約を受け付ける。

 里楽巣 FUJINOは「ココロもカラダも喜ぶ場所」をコンセプトに掲げ、総面積800平方メートルの敷地内に和風グランピングサイト「ルリ(RURI)」と洋風グランピングサイト「エクリュ(ECRU)」の2サイトを展開。各サイトには28平方メートルのドーム型テントをはじめ、山並みを望むことができるパノラマデッキやカウンターテーブル、ガーデンテーブル、バーベキュースペースなどが揃う。サイト内では共用のシャワーとトイレを用意するが、近隣の温泉施設を利用することもできる。
 食事は、藤野産の朝採れ無農薬有機野菜を中心に海の幸や山の幸を使用した料理を提供。有料アクティビティを各種用意し、ヨガのレッスンやコーヒー焙煎体験、フラワーレッスンなどの開催を予定している。
【あわせて読みたい】ブックホテル「松本本箱」が長野にオープン、創業335年の老舗旅館をリノベーション
■日比谷花壇の"STAY"「里楽巣 FUJINO」(リラックスふじの)グランドオープン日:2020年8月21日(金)予約開始日:2020年8月1日(土)住所:神奈川県相模原市緑区牧野 4611-1 藤野倶楽部内電話:042-649-0286施設タイプ:宿泊施設、共用シャワー・トイレ、ドームテント2室/駐車場1サイトにつき2台まで客室数:RURI・ECRU2室(定員1室4名)料金:1室あたり4万2000円〜(※室料、ウェルカムドリンク、夕朝食、近隣の温泉利用料、サービス料、消費税を含む。バーベキュー利用時の食材は別料金。)チェックイン 15:00〜17:00チェックアウト 8:00〜11:00アーリーチェックイン 13:00〜(1サイト 8000 円/1時間)定休日:オンシーズンなし、冬季休業あり公式サイト

    あなたにおすすめ

    ニュース設定