ブルガリのラグジュアリーホテルがローマに2022年開業、約80年前の建物をリノベーション

2

2020年07月04日 02:42  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真「ブルガリ ホテル ローマ」外観イメージ Image by: ブルガリ ホテルズ&リゾーツ
「ブルガリ ホテル ローマ」外観イメージ Image by: ブルガリ ホテルズ&リゾーツ
 ラグジュアリーホテルを展開するブルガリ ホテルズ&リゾーツが、新たに「ブルガリ ホテル」をローマに開業すると発表した。オープン時期は2022年を予定している。

 ブルガリ ホテル ローマはアウグスト・インペラトーレ広場中央のカンポ・マルツィオ地区に建設。コルソ通りとバブイーノ通りのスペイン階段や、ブルガリ ローマ本店を構えるコンドッティ通りの近隣に位置する。建築家のヴィットリオ・バリオ・モルプルゴが1936年から1938年にかけてデザインしたイタリア合理主義建築の建物をリノベーションし、巨大な近代建築物としてアップデート。建築設計事務所アントニオ・チッテリオ・パトリシア・ ヴィールがリノベーションとインテリアのデザインを担当し、建物には黄土色のトラバーチン大理石や赤茶色のレンガなどローマの伝統的な建築素材を用いて復元する。ホテルの向かいには、アラ・パキス祭壇や初代ローマ皇帝アウグストゥスの霊廟が位置し、館内からアウグストゥス廟を様々な角度から眺めることができる。また、館内南側にはローマ創立における神話を独自に解釈したフェルッチョ・フェラッツィによるモザイク画が飾られる。
 100室以上ある客室のほとんどはスイートで構成され、館内には室内プール付きの高級スパやブルガリが提案するワークショップやトレーニングメソッドが受けられる最先端の設備を揃えたジムなどを併設。最上階ではミシュランスターシェフのニコ・ロミート監修のレストラン「イル・リストランテ」と「ザ・ブルガリ・バー」を営業する。このほか、ブルガリのジュエリーの歴史を辿る書物のコレクションを収蔵した読書室が設置される。
>>日本初「ブルガリ ホテル」が2022年開業、ブルガリ運営レストランを展開
■ブルガリ ホテルズ&リゾーツ:公式サイト

あなたにおすすめ

ニュース設定