合体ロボの最高峰『超電磁マシーン ボルテスV』がDX超合金魂で登場! ボルトインボックスのオリジンを探る

15

2020年07月04日 19:31  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
コレクションフィギュアのオンラインイベント「TAMASHII Features 2020」が、7月4日10:00〜5日23:59の期間、魂ウェブ内の特設サイトで開催されている。

「TAMASHII Features」は、実際の会場に新商品を含む約200点を展示し、新商品のお披露目や会場類似体験などさまざまなコンテンツでフィギュアエンターテインメントを提供するオンラインイベント。新商品発表をライブ配信で見られたり、イベント会場の中をオンライン上で360度体験できたりなど、オンラインならではの内容を楽しめる。

ここでは、2020年7月3日から予約開始、12月に発売が予定されている「DX超合金魂 VOLT IN BOX 超電磁マシーン ボルテスV(ファイブ)」の迫力のビジュアルと、商品内容をご紹介していこう。

『超電磁マシーン ボルテスV』は、前作『超電磁ロボ コンバトラーV』(1976年)の「5台のマシンが合体して巨大ロボットになる」というコンセプトを受け継いで、さらに強化発展させた作品である。「コン・バトラーV」の時点ですでに、変型&合体を玩具で完全再現可能というのが大きなアピールポイントとなっていたが、「ポピニカ」として発売された5台のバトルマシン(バトルジェット、バトルクラッシャー、バトルタンク、バトルマリン、バトルクラフト)は、コン・バトラーVに合体させる際に使用しない「余剰パーツ」が出てくるといった問題点があった。また、「超電磁」というイメージを重視して各マシンの合体ジョイントに「磁石」を用いたことにより、合体させたとき接合部が外れやすいという難点も見られた(そのため、合体時には補強用のゴムバンドを必要とした)。

『ボルテスV』はこのような問題点をクリアするべく、各ボルトマシン(ボルトクルーザー、ボルトボンバー、ボルトパンザー、ボルトフリゲート、ボルトランダー)のデザイン段階から「変型・合体」が意識され、マシン同士が合体する際にパーツを無理なく収めるよう、工夫が凝らされている。胴体を構成するボルトパンザーのコクピット部分が90度回転し、そのスペースに足部を構成するボルトフリゲートのコクピットが入りこむあたりは、いいようのないシステム的な快感があった。合体ジョイントについても磁石ではなく、ストッパーを用いて簡単には外れないようにする方式を採用。各部分に「黄色い解除ボタン」が備えられた。まさに「ボルテスV」(ポピニカ ボルトマシン)こそ、合体ロボット玩具商品のひとつの到達点、完成形といえるだろう。

「VOLT IN BOX(ボルトインボックス)」とは、『超電磁マシーン ボルテスV』が放送されていた1977年、5台の「ポピニカ」ボルトマシンをセット販売した大型商品のこと。前年の『超電磁ロボ コン・バトラーV』の「コンバインボックス」が好評だったのを受け、ポピニカ単体発売と同時に、ボックスセットとしても展開されたわけだ。

『コン・バトラーV』の「コンバインボックス」、『ボルテスV』の「ボルトインボックス」が大ヒットを飛ばしたことで、以後のポピー商品では「合体メカ・ロボの"ボックス"化」がぞくぞくと打ち出されることになった。1979年の『未来ロボ ダルタニアス』では「未来合体」と銘打ち、アトラウス、ベラリオス、ガンバーの3機が大型ボックスセットで発売されている。70年代後半になると、ポピーの「合体ロボット」商品は国内だけでなく、海外のファンからも高い評判をとるようになり、パッケージには「世界の超合金」の文字が輝くようになった。

往年の「超合金」にリスペクトを捧げ、さらにアニメ・特撮作品の「劇中」のイメージに近づけた大人向け商品として、「超合金魂」ブランドが1997年に立ち上がった。われらの『ボルテスV』も2006年に「GX-31 ボルテスV」として同シリーズに加わり、以後も「GX-31V ボルテスV RESPECT FOR VOLT IN BOX」(2008年)、「GX-31V (40th Anniv.) ボルテスV(超合金40周年記念Ver.)」(2015年)、「GX-79 ボルテスV F.A.」(2018年)とバージョンアップを重ねながら展開し、スーパーロボットファンおよび「超合金魂」ファンの心を熱くさせた。

そして、『ボルテスV』の"大人向け"商品としては究極といえるのが、今回発表された「DX超合金魂 VOLT IN BOX 超電磁マシーン ボルテスV」である。「超合金魂」で完成を見た各ボルトマシンの合体・変型ギミックはそのままに、マシンそれぞれが往年の「ポピニカ」を思わせるボリューム感となった。

合体完了したボルテスVの全高は、約360mm。まさに圧倒的な存在感といえる。そして、ボルテスV本体には合体効果音や剛健一のセリフ、要塞基地「ビッグファルコン」をイメージした台座には主題歌やBGMが収録され、目の前で繰り広げられるボルテスVの活躍ポーズに臨場感を与えてくれるという。気になる価格は、正義の値段「59,000円(税抜)」。究極のクオリティでよみがえった"合体ロボットの最高峰"を手に入れるチャンスが、ついにやってきたのだ。(秋田英夫)

このニュースに関するつぶやき

  • ブィ トゥゲザーヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • この ボルテスV と戦える 守護神ゴードル の超合金もヨロシク���ꤤ
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定