川相氏、盗塁を刺した中日・A.マルティネスに「無駄のない送球」

3

2020年07月05日 09:10  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真6回巨人一死一塁、打者重信のとき、吉川尚の二盗を阻止する中日の捕手A.マルティネス=東京ドーム (C) Kyodo News
6回巨人一死一塁、打者重信のとき、吉川尚の二盗を阻止する中日の捕手A.マルティネス=東京ドーム (C) Kyodo News
○ 巨人 7 − 3 中日 ●
<2回戦・東京ドーム>

 中日のA.マルティネスが、盗塁を刺した。

 6回に代打で出場したA.マルティネスはその裏、捕手の守備につく。6回一死一塁で巨人・重信慎之介の1ボールからの2球目に、一塁走者・吉川尚輝がスタートを切ると、捕手・A.マルティネスが二塁へ素早く送球し盗塁を試みた吉川尚を刺した。

 この送球に『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 巨人−中日戦』で解説を務めた川相昌弘氏は「左バッターのアウトコースでちょっと投げやすかったというのはありますけど、非常にスムーズでした。無駄のない送球でコントロールも抜群ですね。素晴らしかったです」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

このニュースに関するつぶやき

  • 川相が歴代の巨監督で一番の勝率(.833)を誇っていると知った。堀内悪太郎(.480)の倍近い。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定