ホラーかと思ったら「なんて優しい世界!」、心温まる“悪霊マンガ”に賞賛の声

3

2020年07月05日 09:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真矢薙さん(@yanaginga)による『悪霊を退治する話』シリーズ、「呪いのビデオ幽霊」
矢薙さん(@yanaginga)による『悪霊を退治する話』シリーズ、「呪いのビデオ幽霊」
 一見ホラー漫画なのに、「なんて優しい世界!」。矢薙さんがTwitter(@yanaginga)に投稿しているシリーズ漫画『悪霊を退治する話』が、毎回数万のいいねを集め、話題になっている。おどろおどろしい姿の悪霊たちは、最初こそ人間に悪さをするものの、主人公の導きによって、気がつけば善行を積むことに。「悪いことを”善”に変えられるって素敵」「どうやったらここまで心がキレイになる漫画が描けるのかわからない」など、たくさんの賞賛の声が寄せられている。作者の矢薙さんに、制作意図を聞いた。

【漫画】「悪霊のくせに泣かせやがって!(涙)」…オチが秀逸! いい話すぎるホラー漫画

■きっかけは「どんなものでも、使い方を間違えなければプラスに転じる」という思い

 『悪霊を退治する話』は、霊とやり取りができる主人公の男が、悪霊をうまく言いくるめて人々の役に立つように誘導していく――という内容。生き物の体を乗っ取る悪霊が、歩けない少年の手助けをしたり、「呪いのビデオ幽霊」が亡き母親のビデオレターに入り込み、娘に優しいメッセージを届ける話など、実は心温まるエピソードが満載だ。タイトルには「退治する」とあるが、どちらかと言うと、それぞれの悪霊の特性を生かして「うまく活用する」話になっている。

――このシリーズを描き始めたきっかけを教えてください。

【矢薙さん】「どんなものでも、使い方を間違えなければプラスに転じるはず」という意識が根底にあったので、このような漫画を描いてみました。元々ホラー要素は入っていなかったのですが、入れた方がよりギャップを出せるかなと思い、今のような形になりました。

――毎回、とても大きな反響が来ていると思いますが、ユーザーの皆さんからの声を受けて、どうお感じになりますか?

【矢薙さん】自分が描き終わった時点では、「ちゃんと伝わるのか? 情報が足りているのか?」など、いろいろと不安を感じているのですが、感想などをいただいて、こちらの意図が伝わっていたことを感じ取れたときはとてもうれしいです。自分でも想像もつかなかった考察などがあったりするのも面白いですね。

――このシリーズのアイディアは、どのように生み出しているのですか?
【矢薙さん】オチからの逆算で思いついたり、悪霊の能力から話を思いついたり…と、その時々によります。

――この漫画を描く上で大切にしていることや、意識していることはありますか?

【矢薙さん】キャラクターを作るからには、基本「幸せになってほしい」と意識しながら描いています。

――特にお気に入りのお話は?

【矢薙さん】生物の体を乗っ取る悪霊の回は、キャラクターが動かしやすくて気に入っています。

矢薙さんが創作漫画を描き、Twitterにアップするようになったのは、今から3年ほど前。「少ないページ数の漫画ならば、挑戦できそうだと思って始めた」のがきっかけだった。

――数多くの作品をTwitterにアップしていますが、そこで感じたメリット、あるいはデメリットはありますか?

【矢薙さん】Twitterにアップしたことで、他のサイトでの閲覧数などが増えたり、作画を担当していただけたりと、いろいろなことのきっかけになりました。デメリットは…自分が感じるほど何かあったわけではないので、特にないです。

――影響を受けた漫画家の方はいらっしゃいますか?

【矢薙さん】冨樫義博先生、松井優征先生、三条陸先生、平野耕太先生、内藤泰弘先生など、少年漫画やバトル漫画の作家さんたちが好きです。自分の作風には、あまり反映されていないのですが…。

――創作漫画を通じて、ユーザーの皆さんに伝えたいことはありますか?

【矢薙さん】受け取り方は人それぞれなので、シンプルに「面白かった」と思ってもらえるようにと心がけています。

このニュースに関するつぶやき

  • ちょっと面白かった。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定