【新一年生】もう学校嫌い…?「新入生の登校」お悩み対処法

0

2020年07月05日 10:41  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
子どもの成長は、自分のこと以上に嬉しいものですよね。なかでも第一の親離れを実感するのが、小学校入学のときなのではないでしょうか。

小1プロブレムはなぜ起こる?知っておきたい4つの親の心構え

お祝いムードの最中、学校に向かう子どもの足取りが重いと親としてはとても気になるものですよね。今回は、学校に行きたくない子についてフォーカスしてみましょう。

■登校で泣く子にはどう対応する?

登校する際に思わず涙が出て、感情が溢れてしまう子どもの気持ちはどうなのでしょうか。

子どもは学校というところを大人のように理解していません。単純に「ママと離れて悲しい」と寂しがる気持ちや「学校がどんなところか分からず不安」ということがあるでしょう。

今までは手を繋いで、どこでも一緒だった母親が近くにいないことは、とても不安なことなのです。

実際に聞いた新一年生の学校に行きたくない理由は、「道に迷うのではないか」「クラスで一人になるのでは」など。小さくても新しい環境への心配ごとはつきもののようです。

■どう対応する?新一年生の登校拒否

「学校に行きたくない」という子には、工夫をして対応をするようにしたいですね。今回は「学校に行きたくない」と言われたときの正しい対処法について紹介します。

■親が途中までついていく

仕事や下の子の面倒なので送迎が難しいこともありますよね。何より「小学生になったんだから一人で行ってほしい」という親の気持ちもあるものです。

そんなときは、学校までの道のりの途中までついていくのがいいでしょう。学校に着くまで一緒にいると、余計に離れ難くなってしまいます。「あの交差点のところから一人で行ってごらん。ここまで歩けたから大丈夫」など、前向きになる言葉をかけてあげましょう。

■手紙を持たせる

タスクが保育園児より格段に増える小学生だからこそ、「私にちゃんとできるの?」と悩む子も多いようです。

特に責任感が強すぎるあまり「できるか心配」とソワソワしちゃう子までいます。「小学生になったんだから」という思いは親以上に本人が一番理解しているのかもしれません。

感心すべきそんな責任感と自立心は、怒らないで「どうしたら子ども一人で行うことを手伝えるか」にフォーカスします。

筆者の場合は、手紙を書いてランドセルにしのばせました。子どもには「困ったらみるお守りみたいなもの」と言い聞かせました。息子は「手紙がある」と心強く思ったらしく、その日の帰りに「手紙見ないで頑張れた」と教えてくれました。

■お守りを持たせる

ランドセルにお守りは昔からある伝統のようなものですよね。

手作りでもなんでもいいので「これは泣いている〇〇ちゃんの強い味方になってくれるから大丈夫!」と子どもに暗示をかけます。お守りがあることで「神様もそばにいてくれる」と思うらしく、子どもには効果てきめんです。

■登校班する前にミンティアや飴をあげる

筆者の息子が4歳のときに登園拒否だったときは、家でさっと溶けるようなミンティアというタブレットを「元気が出る特別なお薬」としてあげていました。子どもながらにお薬の形状を覚えているらしく、タブレットに「お薬だね」と信じ込んでいました。

「これ食べると元気が出るんだよね」と、小学生の今でもたまに欲しがります。

「ここぞのときの習慣」があると、精神的に落ち着くことって大人にもありますよね。

■小学校に対して前向きな言葉を掛ける

知らないということは大人でも不安です。分からないことに関しては「どうなっちゃうんだろう」という漠然な不安が次々と襲いかかってきます。

だからこそ、小学校がどんなところなのか親が教えてあげるのがいいですよね。

「このくらいの時間に学校に着く」「大きいお兄さんたちが一緒に連れてってくれる」なども話した上で、「みんな不安な思いを抱えて学校に行くこと」など気持ちに寄り添うことが必要です。

「新しい仕事をするときはママだって不安に感じるよ」など、身近な大人の親の実体験も教えてあげると自信をつけてくれます。

あわせて、学校が楽しみになるようなことも教えてあげましょう。

■友達の作り方をレクチャーする

登校初日、息子に「前の席の子の肩を優しくトントンと叩いて、“今日の朝ごはんは何食べた?”と聞くと友達ができるよ」と筆者は話しかけました。

「それだけで!?」と目を輝かせていたので「夕飯はすぐに思い出せない子もいるから、朝ごはんについて聞くのが会話が続くコツだよ」というと、早速実践してきてようで友達が数人できたみたいです。

「一人になるのが怖い」「友達ができるか心配」など子どもが抱える思いには、具体的な解決に至るヒントを親が教えてあげられるといいですね。

■子どもの新しい第一歩は、いつも以上に子どもの思いを尊重しよう

学校から帰ってきたら1日のことを話してもらいましょう。そんな時に「すごいじゃん!」「とりあえず行けたんだね。ママなしで行けたね」と褒めることが必要です。

まだまだ親に頼るところがあるからこそ「できることは自分でちゃんとしなきゃ」という思いは、ちゃんと持っているようです。

そんな自立心に「どうしたら子どもが一人でできるのか」と、親が大らかな心で付き合ってあげると子どもも安心するでしょう。

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定