【真木あかりのおやすみ占い】7月5日〜7月11日

4

2020年07月05日 22:41  ウートピ

  • 限定公開( 4 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウートピ

写真写真

今日という1日を終える時、あなたはどんなことを考えますか。何もない普通の日でも、問題続きの日々でも、明日もそれなりに自分らしく元気であるためには、おやすみ前に考えることってけっこう大事です。

カギは、ダメだったことや嫌なことを思い出すのではなく、よかったことを数えて「明日、いい1日にしよう」と思って眠ること。寝ているうちに、脳が記憶を整理しながら明日への準備をしてくれます。そして運も整っていきます。

この「おやすみ占い」は、日曜更新です。月曜から始まる1週間を思いながら、おふとんの中で考えを巡らせると運気向上につながるポイントをご紹介します。もちろん平日に考えても構いません。おふとんから作るあなたの新しい1日が、良いものでありますように。

真木あかりより

きになる星座をチェック

■おひつじ座(3/21〜4/20)
□おうし座(4/21〜5/21)
■ふたご座(5/22〜6/22)
□かに座(6/23〜7/23)
■しし座(7/24〜8/23)
□おとめ座(8/24〜9/23)
■てんびん座(9/24〜10/23)
□さそり座(10/24〜11/22)
■いて座(11/23〜12/21)
□やぎ座(12/22〜1/20)
■みずがめ座(1/21〜2/19)
□うお座(2/20〜3/20)

おひつじ座(3/21〜4/20)

週明け、仕事において長く続けてきた努力が報われたり、実を結んだりするようなことがありそうです。おそらく昨年の冬くらいから、もしくは今年に入ってから必死に食らいついてきたことに、一定の成果が見えるのかもしれません。もし「自分は何も頑張ってこなかった」「果たしてこの頑張りでよかったのだろうか」などと思うようであれば、仕事のやり方や流れを見直してみると良さそう。自分によりフィットするやり方を見つければ、実感は意外なほどたやすく得られるに違いありません。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
おふとんのなかで、今日の自分を「がんばったね。おつかれさま」とねぎらう

星座の一覧に戻る

おうし座(4/21〜5/21)

困難な物事の「突破口」が見えてくるかもしれません。なかには、すでにその突破口の入り口に立っているという人もいそうですし、キーマンを見つけられる人もいそうです。自分を信じてちょっとやってみる、ということが意外なほど良い結果を生むときなので、少し勇気を出して行動を起こしてみてはいかがでしょうか。週の後半はちょっと忙しくなりそう。仕事や人付き合いのためにプライベートを削るようなこともありそうです。食事だけはおろそかにしないこと。栄養のあるものを摂って、今に全力を尽くしていかれると得るものが大きいはず。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
「よし、できる!」と口に出して寝る

星座の一覧に戻る

ふたご座(5/22〜6/22)

あなたのことをよく理解してくれている人から、力強いサポートを受けられる見通しです。元気が出るような誉め言葉であったり、ものや金銭というかたちで具体的な支援をしてくれたりするのかもしれません。あるいは、チャンスをもたらしてくれる人もいそうです。ただし、言葉たくみにうまいことを言ってすり寄ってくるだけの人もいそうなので相手はよく見極めること。判断に迷ったら、相手がどれほどあなたのことを理解しているか、会話をしながら観察してみるといいでしょう。「いいご縁を選ぶのは私」と、頭のなかにインプットしておいて。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
「私を大事にしてくれる人とだけつながる」と唱えて眠りにつく

星座の一覧に戻る

かに座(6/23〜7/23)

出会いや人間関係によって、状況が大きく動いていきそう。ここまで大切に関係性を作り上げてきた相手とは、仕事でもプライベートでもあうんの呼吸でいい結果を出せるはずです。ねぎらいや感謝の言葉を忘れないようにしたいもの。一方で、これは全員に当てはまることではないと思うのですが、心の距離を感じていた人とはより疎遠になっていく暗示も。この人に対しては、今は追わないほうがベター。お互いのベクトルが違う方向を向いているので、今は流れに任せるしかありません。自分を責めたり、くよくよと思い悩んだりしなくても大丈夫。つながるご縁なら、時間はかかってもちゃんとつながっていきます。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
枕元にふたつで一対のもの(ピアスやイヤリング、靴下など)を起き、それを見つめてから寝る

星座の一覧に戻る

しし座(7/24〜8/23)

忙しさにかまけてつい適当になってしまっていたことを、できるだけ整えていくといいときです。食生活の栄養バランスから起床時間、定期的な運動まで、自分に手間と時間をかけましょう。冬服や季節はずれの家電があれば、そろそろお手入れ&収納のタイミングと考えて。そうした、ちょっとした行動がいい流れを作り、幸運を呼び込むことにつながるはず。週の半ば以降は対人関係が好調。新しく出会った人がいれば要チェックです。今後、仕事なりプライベートなりでいい関係性を作っていけるはずですから、できる限り親交を深めて。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
明日、食べたい朝ごはんのことを考える

星座の一覧に戻る

おとめ座(8/24〜9/23)

恋に前向きな風が吹くときです。今は恋を探しているという人は、仕事つながりで出会った人に注目を。すでに出会っている人が、急にときめいて見えることもありそうです。会いたいな、声が聞きたいなと思う人にはぜひあなたからアプローチを。タイミングよく暇な時間がかぶったり、LINEを同じタイミングで送ったりするような相手とは、今後の進展を信じて良さそう。早ければ来週あたりには新しい動きが出てくるはず。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
電気を消して、物音に耳を澄ませる(遠い電車の音とか、かえるの声とか、時計の秒針の音とか……)

星座の一覧に戻る

てんびん座(9/24〜10/23)

自分でも意識しないうちに、身近な人に甘える気持ちが強まってきそう。「このくらい許してくれるよね」と期待したり、抱えきれない思いをぶつけたりしてばかりだと、知らずしらずのうちに相手の気持ちが離れていってしまうこともありそうです。感謝の気持ちは明確に示し、人任せにしたくなる自分はグッと抑えること。ただし、自分に厳しくするだけでは続きません。休息の時間を多めにとって、気づかないうちに張り詰めていた心をホッとほぐしましょう。それだけでも、誰かに寄りかかりたい気持ちは薄まっていくはず。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
観葉植物や写真などでグリーンの色を見て、その記憶とともに眠りにつく

星座の一覧に戻る

さそり座(10/24〜11/22)

「コツ」を教えてもらえたり、自分で勉強して会得したりできる週。仕事でも人間関係でも、これまでカンと運でなんとか、やりおおせてきたことはないでしょうか。星座を覚えてから夜空を見上げると、今まで点と点にしか見えなかった無数の星が線でつながっていきます。それと同じように、これまでバラバラにしか見えなかったことに一定の法則性を見出したり、「こうすれば、こうなることが多い」というパターンを見つけたりすることができるのです。今はまだ感じ取れなくても、物事の共通点や差異をていねいに検討してみる価値はあるはず。そして何より、肩の力が抜けて気楽になれることでしょう。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
目を閉じて、星空の下で寝ているイメージをしてみる

星座の一覧に戻る

いて座(11/23〜12/21)

お金や「所有」に関する価値観がちょっと変化しそうです。今までどうしても欲しいと思っていたものが、今では色あせて見えたりするのかもしれません。あるいは、「お金じゃないな」という思いが、胸をよぎるのかもしれません。いずれにせよ、生活するうえで欠かせないモノやお金とのベストな付き合い方を、見つけていけるときなのです。恋愛やパートナーシップで悩みを抱えている人は特に、服やベッドリネンの断捨離をすると淀んだ運が循環し始めるかも。自分がいいと思うものだけを残して。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
大事なものをひとつ思い浮かべ、それを手に入れた日の嬉しさを思い出す

星座の一覧に戻る

やぎ座(12/22〜1/20)

上半期のあいだ、頑張り続けてきたことがひとつの到達点に達しそう。目標を叶えたり、理想の状態に近づいたりと、頑張った分の成果を手にする人は多いはずです。もし、まるでそうした兆候を感じられない場合は、単純にやり方が合っていないだけ。前例や常識にとらわれず、違うアプローチを試してみて。おそらくですが、選択の「アリ」か「ナシ」かはすぐわかるでしょう。たとえ「ナシ」だったとしても大丈夫。周囲の意見やフィードバックに耳を傾ければ、何を改善すればいいのかが見えきます。「これだ!」とピンときたなら、気付きの鮮度が高いうちに行動を。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
10年前の自分と、今に至るまでに頑張ったことを思い出す

星座の一覧に戻る

みずがめ座(1/21〜2/19)

何かと考え込んでしまう時間が多くなるでしょう。これはあなたが弱いからとか、決断力に欠けるといった意味合いではありません。心にさざなみが立ちやすい時期だけに、普段なら思い悩まずスパッと決められることも迷いや悩みとして握りしめてしまうよう。こういう時期は、自分に厳しくすればするほど抵抗は強くなります。言い換えれば、余計に悩みが深くなってしまうということ。どう結果を出すかとか、どう自分と折り合いをつけるのかといったことはひとまず置いておいて、好きに過ごしましょう。自分が必要としているならば、有給をとって日がなゴロゴロして過ごすのもおすすめです。少しずつ、「悩む」を「考える」にしていけるでしょう。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
全身の力を抜き、疲れがベッドを通して床に落ちるイメージングをする

星座の一覧に戻る

うお座(2/20〜3/20)

いろいろな人があなたに話しかけてきます。なかには「うるさいなあ、放っておいてほしいな」と思うような瞬間もあるかもしれませんが、できるだけその声に耳を傾けてみるといいでしょう。それらはただのノイズではなく、あなたの成長や幸運につながる、大事なヒントとなる可能性が高いからです。偏見やルサンチマンですら、反面教師としてあなたの栄養になります。「いろいろな人」には、テレビや本、ネット記事といったメディアも含まれます。なんとなく気になった本や記事には目を通してみると、偶然とは思えないような学びを得ることができるかもしれません。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
今、一番お気に入りの曲を聴いて、その余韻とともに眠りにつく

星座の一覧に戻る

(占い:真木あかり、イラスト:オザキエミ)

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定