ホンダF1、表彰台ならず「3台リタイアという非常に厳しい結果。トラブルについてはチームと共に解析する」と田辺TD

1

2020年07月06日 06:01  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2020年F1第1戦オーストリアGP決勝 アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)がルイス・ハミルトン(メルセデス)と2位争い
2020年F1第1戦オーストリアGP決勝 アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)がルイス・ハミルトン(メルセデス)と2位争い
 2020年F1オーストリアGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、アレクサンダー・アルボン、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトはリタイアという結果に終わった。ピエール・ガスリーは7位で入賞を果たした。

 レッドブル・レーシングの要求により決勝スタート直前にルイス・ハミルトン(メルセデス)の黄旗無視についての再調査が行われた結果、予選2番手のハミルトンへの3グリッド降格のペナルティが決定。それによりフェルスタッペンは2番グリッド、アルボンは4番グリッドに繰り上がった。ガスリーとクビアトは暫定グリッドから変更なく12番グリッド、13番グリッドからのスタートとなった。

 フェルスタッペンは上位10人のなかで唯一ミディアムタイヤでスタート、2番手をキープしながら順調に周回を重ねていたが、11周目に電気系のトラブルが発生し、スローダウン。ピットへマシンを戻した後、そのままリタイアとなった。

 アルボンはソフトタイヤでスタート、フェルスタッペンのリタイア後、3番手を走行。50周目にジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)がトラブルのためにコース脇にマシンをとめたことでセーフティカー導入となると、レッドブルは、アルボンのタイヤを交換して追い上げる戦略を採用した。アルボンは4番手でコースへ復帰すると、すぐさまセルジオ・ペレス(レーシングポイント)をオーバーテイクし、3番手に上がる。

 再びセーフティカーが出動、リスタートの後、アルボンは2番手のハミルトンをオーバーテイクしようとしたが、接触が起き、スピンを喫して最後尾に後退。その後、パワーユニット(PU/エンジン)の電気系と思われるトラブルが発生し、リタイアしなければならなかった(13位完走扱い)。なお、ハミルトンにはこの際の接触により5秒のタイムペナルティが科された。

 ガスリーとクビアトは20周目から揃ってポイント圏内を走行していたが、クビアトは他車との接触でダメージを負い、レース終盤にタイヤがパンク、71周のレースの67周目にリタイアを喫した(12位完走扱い)。ガスリーはチェッカーフラッグまで走りきり、7位でフィニッシュ、6ポイントを獲得した。

■ホンダF1テクニカルディレクター 田辺豊治
 2020年の開幕戦が終了しました。ホンダ勢は3台リタイアということで非常に残念なレースとなり、レースを走り切ったスクーデリア・アルファタウリのガスリー選手が7位入賞できたことのみが、唯一ポジティブな結果になりました。

 アストンマーティン・レッドブル・レーシングのフェルスタッペン選手は2番グリッドからいいスタートを見せましたが、レース早々に電気系のトラブルにより残念ながらリタイアとなりました。アルボン選手も終盤に2番手にポジションを上げたところで接触しコースアウト、幸いにもコースに復帰しポイント圏内を目指して戦っていましたが、残り4周でPUの電気系と思われる問題によりマシンを止めました。2台ともに、詳細な原因をチームとともに確認しています。

 アルファタウリのクビアト選手も、残念ながらマシントラブルによりリタイアに終わってしまいました。

 3台リタイアという非常に厳しい結果となりましたが、本日発生したトラブルをすべて解析し、対策を打った上で、来週末に行われるレースに臨みます。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定