思わずヒヤッ!「子どもが真似していた親の言動」6つ

5

2020年07月06日 06:42  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
幼児期の子どもの吸収力はすごいですよね。

子どもが“高学歴・高所得”になる、親の特徴が判明! あなたはどのタイプ?

言葉をどんどん覚えて話しだしてくれると、成長を感じて親としては嬉しいものです。

子どもの行動や、子どもが言葉を覚えるのは、周りの環境から。

特にいつもそばにいる親の真似をすることから始まります。

ですから、自分が知らず知らず使っていた口癖や、何気なくやっていた行動に気づかされる、なんてことも多いですよね。

ただ、時として、自分がつい使っていた言葉ややっていた動作を、実家や外出先で真似されて、思わずヒヤッとした、なんてこともあるのではないでしょうか?

今日は『5歳でも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、幼児教育研究家の平川裕貴が、親が思わずヒヤッとした、子どもが真似ていた言動をご紹介します。

■つい言っていた「おまえ!」という言葉

子どもに対して、イライラしていると「おまえ!」と言ってしまうことがあるが、子ども達がけんかを始めた時、どちらも「おまえ〜!」と言っているのを聞いて、ギクッとした。なんて乱暴な言葉を使っていたんだろうと、子どもが使っているのを聞いて反省した。

■思わずキレて言った「もう!!!看板くらい置いといてよ!!!」

車での移動中、急いでいたのに、行く道行く道すべてが通行止めになっていて、しかも看板も出ていなかったので、

「もう!!!看板くらい置いといてよ!!!」

と乱暴に言うことが何度かあった。

それからというもの、工事で道が塞がれていると、子どもが自分と同じ口調で怒るようになり、ちょっと反省。

また、どこで覚えたのか、子どもが突然「てめえ!」とか言いだしてビックリしたこともあった。

■スピード違反でパトカーに止められたのを自慢げに言いまわる

高速道路で、スピード違反でパトカーに止められたことがあった。

同乗していた娘は、それがドキドキワクワクしたことだったようで、あとからいろんな人に

「パパって警察につかまったことがあるんだよ」

と言いまわっていて家族は大慌てだった。

真似とは違いますが、ちょっと面白いエピソードですね。

■口癖になっていた「おっさん」という言葉

若い頃から、友達の間では、自分達より20歳くらい年上の男性のことを「おっさん」と言っていた。自分達の間では、なんとなく親しみを込めてみたいな感じで。

でも、娘が、買い物の途中で、

「あのおっさんが〜」

と周りに聞こえるような声で言いだして冷や汗ものだった。

■「嫌なら出て行ってもいいよ」と子どもに言ったら、子どもがパパに同じことを言う

子どもが言うことを聞かない時、「嫌なら出て言ってもいいよ」と言っていた。

すると、子どもが自分の言うことを聞いてくれないパパに

「嫌なら出て言ってもいいよ」とか

「パパ出て行って!」

と言っていた。状況が違うんだけどなあ。

■腹を立てて物をドンと置いたのを見られてた

いやなことがあってイライラすると、ついものにあたってしまうことがある。

「もう、腹が立つ〜!」

と持っていた箱をドンとテーブルに置いたのを子どもに見られていたようで、実家に子どもを連れて行った時に、祖父に叱られた子どもが

「もう腹が立つ!」

と言って、持っていた本をドンとテーブルに置いていた。

そのことを叱れなかったです。



いかがですか?

子どもって本当によく見聞きしていますよね。

でも、子どもは決して悪いことばかり真似ているわけではありません。

悪いことよりもっとたくさんのいいことを真似ていますから、心配は要りません。

場合によっては、その言動を子どもに注意することや、親が反省することも必要かもしれません。

でも、ほとんどは楽しい笑い話になりますよ。

このニュースに関するつぶやき

  • タヒね他暴言を言ってる親御さんはほんと考えた方がいい。あとまだ自覚あるならいいけど自覚ないのは親子共々たち悪いと思う。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ぃよっこらしょ、って言っちゃう。こどもが言うと婆臭いので、気をつけよう気をつけようとは、思ってる。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定