【胡蝶蘭の育て方】初心者でもOK!キレイな花を咲かせるためやるべきこと

0

2020年07月06日 12:10  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl

手入れが難しそうと思われがちな胡蝶蘭ですが、手入れをすることで愛着がわき、胡蝶蘭の愛好家となる人も多いのだとか。ここでは、初心者にもわかりやすく、胡蝶蘭の育て方を解説していきます。

【詳細】他の写真はこちら



■元気な胡蝶蘭の選び方は?葉と根に注目しよう!

出典:photoAC

胡蝶蘭を選ぶとき、美しい花に目が行きがちです。しかし、美しい花を長く楽しめるか、翌年もまた花を咲かせられるかは、胡蝶蘭自体が元気かどうかによるのです。そこで、ここでは元気な胡蝶蘭の選び方をご紹介します。
・【ツヤ・しわ・肉厚】健康な葉かチェック!




出典:@ yagigigi1234さん

胡蝶蘭の葉には、水分や栄養分をストックしておく働きがあります。健康な葉には、水分や栄養分がたくさん蓄えられているので、そのような葉を持つ胡蝶蘭は、美しい花を咲かせることができるんだとか。
胡蝶蘭の健康な葉の特徴は、ツヤがあること・しわがないこと・ぼってりと肉厚なこと!それに加え、開花後の胡蝶蘭に、4枚以上健康な葉があるものを選びましょう。
市販されている胡蝶蘭は、4枚程度の葉を持つものが多く、新たに1枚葉が出てくると下の葉が枯れるといったように、4枚程度をキープしているそうです。
・根が見えるかチェック!




出典:@ yagigigi1234さん

胡蝶蘭の根は、水分や栄養分を吸い上げることだけでなく、鉢などの資材に密着するという働きがあります。そんな胡蝶蘭の根も、購入するときチェックしたい部位のひとつ。ポイントは、根が見えるかどうかです。根の一部でも見えていれば問題ありませんよ。
胡蝶蘭の根は、空気に触れていないと根腐れを起こしやすいので、葉を持ち上げたりのぞきこんだりして、根が見えるかどうかチェックしてみてくださいね。

■胡蝶蘭はどうやって育てる?

出典:@ yagigigi1234さん

元々熱帯で生育する胡蝶蘭を育てるには、原産地のような環境に近づけるのが理想です。では、日本で育てる場合はどのようにすれば良いのでしょうか?
・胡蝶蘭の置き場所は?




胡蝶蘭を置く場所は、日当たりが良く、風通しの良い屋内が良いでしょう。屋外は、天候に左右されやすいので、避けた方が無難です。
直射日光を当てると、葉が焼けて枯れてしまうので、窓際などに置くときはレースのカーテンを閉めておきましょう。気温はできるだけ20度前後を保つのが理想です。
また、エアコンや扇風機が当たる場所は、乾燥により花が傷みやすいのでこちらも避けましょう。放出されるエチレンガスが花を萎れさせるため、果物の近くも良くありません。
・水やりはしっかり乾いてから!やり過ぎに注意






出典:photoAC

水やりのタイミングは、鉢植えの表面が完全に乾いてから。しっかり乾ききったら、朝の時間帯に、1株ずつの根元にコップ1杯程度の常温水を与えます。大体1週間から10日に1回程度、冬場は月1回程度の頻度で充分です。
水やりの後、鉢底から水が出てくるときは、しっかり水を切り、受け皿の水を捨てておきましょう。胡蝶蘭が枯れる原因は、水のあげすぎによる根腐れがほとんどだそう。表面がしっかり乾いてからというタイミングを、しっかり守りましょう。
・肥料が必要かどうかは根を見てチェック!




出典:photoAC

胡蝶蘭にとって肥料は、元気な株の成長を助けることが目的で、弱っている株を元気にするためではありません。また、購入したばかりや花が咲いているときは、肥料をあげる必要はありません。さらに、肥料をあげる時期は、寒い冬や猛暑の夏に与えるのはNG!株が弱ってしまうので気をつけましょう。
肥料が必要かどうかは、春から秋にかけての胡蝶蘭の根を見て判断します。新しい根が伸びているようなら、肥料をあげても大丈夫!
園芸用品店にある、洋蘭用の肥料を使います。固形のものと液体のものがありますが、初心者には原液や粉末を規定量の倍の水に溶かして使う液体タイプがおすすめ。肥料をあげると、水やりの必要がなくなることも合わせて覚えておきましょう。
・元気に育てるためには植え替えも必要!




出典:photoAC

植え替え作業は、胡蝶蘭を長く元気に育てるために行います。花が咲き終わった4〜6月が最適な時期。あまり頻繁に植え替えをすると、根を傷める原因となります。2年に1度を目安にすると良いでしょう。
初心者におすすめなのが、根の間に棒状の発泡スチロールを挟んで、新しい鉢に植え替えること。これにより、通気性が良くなり、根腐れリスクが下がるのだとか。
また、植え込み剤によって期間は異なりますが、一定期間水をあげてはいけません。肥料も植え替え直後はNGです。植え替え後は、株が弱くなっているので、特に害虫被害や病気に気をつけてくださいね。



■花が枯れたらどうするの?来年も咲かせるために準備をしよう

出典:@ yagigigi1234さん

胡蝶蘭は花が枯れたら終わり…ではありません!手入れをしっかりして、また美しい花を期待しましょう。
・茎を切って株を休ませる




花が終わったら、茎を根元から斜めに切ります。こうすることで、株を休ませ次の花に向けて、パワーを蓄えられるようになります。
根元から切るのが基本ですが、早く花を咲かせたい場合は、茎の下から2つ目の節の上で切るという方法もあります。ただし、こちらの場合は株を充分に休ませられないので、株が弱くなる可能性も。長く丈夫な状態で楽しみたいのなら、根元から切る方法がおすすめです。
・必要があれば植え替えを!




購入したばかりの寄せ植えの胡蝶蘭の場合は、植え替えが必要です。花が全て枯れたら、1株ずつに分けて次の手順で植え替えをしましょう。

1.花芽をはさみで切る。
2.胡蝶蘭を鉢から出し、古い用土と傷んだ根、黄色くなった根をとりのぞく。このとき、根を傷めないよう気をつけてくださいね。
3.用土が水苔の場合は水苔を水で湿らせ、根の周りに巻きつけて鉢に入れる。用土がバークの場合は、鉢底にひとつかみのバーク→固形肥料→ひとつかみのバークの順に入れる。胡蝶蘭を鉢に入れ、周りにバークを詰める。

■胡蝶蘭を育ててみよう♡毎年美しい花を咲かせること目指して!

出典:筆者撮影

華やかさが魅力の胡蝶蘭は、手入れ次第で何十年もの長きにわたり楽しめる植物です。手入れした胡蝶蘭が再び美しい花を咲かせたときは、とてもうれしく感動するのだとか。初心者だから難しそう…と敬遠しないで、胡蝶蘭の世界にハマってみませんか?

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定