池井戸潤『半沢直樹』6年ぶり最新作 大阪西支店時代を描く

31

2020年07月06日 12:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『半沢直樹』シリーズの6年ぶり最新作『半沢直樹 アルルカンと道化師』が9月17日に発売(C)講談社
『半沢直樹』シリーズの6年ぶり最新作『半沢直樹 アルルカンと道化師』が9月17日に発売(C)講談社
 講談社は6日、池井戸潤氏による『半沢直樹』シリーズの6年ぶり最新作『半沢直樹 アルルカンと道化師』を9月17日に発売すると発表した。本作は『半沢直樹1 オレたちバブル入行組』(講談社文庫より発売中)につながる前日譚となる。

【写真】新キャスト陣もズラリ!「半沢直樹」相関図

 『半沢直樹』シリーズを原作としたTBS系日曜劇場『半沢直樹』は、19日よりスタート。前作では、東京中央銀行のバンカー・半沢直樹(堺雅人)が、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、まさかの子会社への出向を命じられるという衝撃の展開で最終回を終えたが、その後の展開に放送前から大きな期待が集まっている。

 その原作シリーズ最新作がついに登場。「やられたら、倍返し!」。突き上げる爽快感とともに、次々と明かされる真実に胸が熱くなる、まさに半沢シリーズの原点といえる作品に仕上がっている。

■ストーリー
時はさかのぼり、東京中央銀行大阪西支店在籍時代。半沢直樹が浅野支店長に土下座をさせ、奈落に突き落とす前のこと――。
半沢は、とある場所で静かにその落書きを見つめていた。モダンアート界の寵児・仁科譲の代表的なモチーフ「アルルカンと道化師」の絵だ。
ITベンチャー・ジャッカルが、資金繰りに苦しむ老舗の美術出版社を買収したいと申し入れてきた。取引先の救済策を思案していた半沢の前に浮上したこの買収話。半沢の意向を無視して、なぜか上司である支店長の浅野が強引に進めようとしている。
この一件、なにか裏があるに違いない。皮肉たっぷりにおどけるアルルカンと物悲しく微笑む道化師は、半沢に何を語りかけようというのか。謎めいた買収案件の秘密は、この絵の中に。

このニュースに関するつぶやき

  • 再放送を見たら、パワハラを超える暴力シーンが多くて驚いた。あの当時と今ではコンプライアンスに対する認識も変わり、超ブラック企業のドラマにしか見えなかった。前日譚となるそうだが俳優はそれなりに年を取っているので合うのか
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 昨日 総集編見てました!倍返し流行りましたよね。今見ても面白かったです。新作も楽しみです 最近のドラマってなんか似たり寄ったりでパンチが足らない(笑)
    • イイネ!13
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(19件)

あなたにおすすめ

ニュース設定