スタートダッシュに失敗…阪神の救世主候補はファームで調整中の実力者たち

4

2020年07月06日 12:44  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真阪神・藤浪晋太郎 (C) Kyodo News
阪神・藤浪晋太郎 (C) Kyodo News
◆ 両リーグ最速タイの10敗到達

 3カ月遅れでスタートした2020年のプロ野球も、多くのチームが15試合を消化。各チームの勢いにも差が見え始めてきたところだが、今季は両リーグともに西のチームが出遅れている。


 阪神は巨人との開幕カードで3連敗を喫すると、そこからズルズルと負けが込み、7月2日には両リーグ最速タイの10敗に到達。一時はセ・リーグの借金すべてをひとりで抱え込むという珍現象も起こっていた。

 つまずきの原因というと、投打の新外国人選手が不振や故障で戦力になりきれていないこと、また2年目の近本光司と木浪聖也も開幕から苦しみ、得点と失点はリーグワースト。投打ともに苦しいスタートとなってしまった。


 一方、ファームを見ると明るい材料も。

 ドラフト1位ルーキー・西純矢は、7月2日の試合で早くも先発デビュー。5回途中まで投げて被安打1の1失点(自責は0)という上々の結果を残した。

 また、ドラフト2位ルーキー・井上広大も開幕から4番を任されており、西の登板試合で公式戦初アーチも記録。ここまで9試合に出場して打率.242、1本塁打で7打点と奮闘を見せている。


◆ 期待の左腕・盒桐攷佑復帰

 とはいえ、彼らは高卒のルーキー。すぐにチームの救世主になれるか…というと、現実的には難しい。

 しかし、未来を担う若手だけでなく、ここに来て一軍での実績が十分にある選手たちも、徐々に仕上がりつつあるようだ。


 高卒ルーキーたちが躍動した7月2日から一夜明け、迎えた7月3日のゲーム。若虎たちの活躍に刺激を受けてか、遅れながらも一軍昇格を目指す実績者たちが良いアピールを見せた。

 まずは、先発を託されたベテランの岩田稔。初回に2点こそ失ったものの自責は0で、その後はスコアボードにゼロを並べて5回2失点。今季はここまで2試合・9回を投げて防御率1.00と、好調を維持している。

 その岩田の後を受けたのが、コンディション不良により二軍調整中だった3年目の盒桐攷諭実に101日ぶりの実戦登板だったということもあり、この日は1イニングのみの投球となったが、1回をきっちりと無失点。復活に向けた一歩を踏み出した。

 さらに、3番手では桑原謙太朗も登場。2017〜2018年には2年続けて60試合以上に登板したリリーバー。昨季は故障もあってわずか7試合に登板に終わったが、右腕もこの日は1回を投げて無失点。今季はここまで3試合に登板して全試合無失点と、こちらも状態の良さをアピールしている。

 また、野手陣では1番で起用された中谷将大が2安打をマーク。今季の打率は.231となっているものの、7月に入って打率.462(13−6)と絶好調。このように、多くの選手が一軍昇格をめざして奮闘を見せているのだ。


 加えて、5日の試合では復活を期す藤浪晋太郎が中日戦に先発。5回を投げて無安打・6奪三振で無失点という快投を見せた。

 一軍のチームもこの土日に今季初の連勝を挙げ、7日からはついにホーム・甲子園での試合を迎える。少しずつ状態が上向いてきたチームに、ファームで調整してきた男たちが新たな起爆剤となり、遅れを取り戻すような快進撃へと導くことができるか。虎の逆襲から、目が離せない。

このニュースに関するつぶやき

  • 北條 高山 が まだヒット出ない 変わるチャンスはある https://mixi.at/abofKJA
    • イイネ!2
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定