『探偵・由利麟太郎』魅惑の女優役で高岡早紀が出演、ドラマティックな遺体に

0

2020年07月06日 15:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

吉川晃司が主演を務める5週連続特別ドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜よる9時放送)。最終章となる第4話・第5話「マーダー・バタフライ前編/後編」(7月7日、7月14日放送)に、女優の高岡早紀がゲスト出演することが発表された。

ミステリー作家・横溝正史が「金田一耕助」よりも前に生み出していたもう一人の名探偵・由利麟太郎。元・警視庁捜査一課長の由利は警視庁を辞めて、学生時代を過ごした京都に移り、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助(志尊淳)や大学の同級生でもある等々力警部(田辺誠一)とともに、謎に満ちた怪奇な殺人事件を解決してきた。

最終エピソードである「マーダー・バタフライ」は、由利シリーズでも最も人気があり、横溝が世に送り出した戦後初の本格長編小説でもある「蝶々殺人事件」が原作。オペラ界のスター女優・原さくら(高岡早紀)は、オペラ公演のため大阪へ。夫の原聡一郎(大鶴義丹)、マネージャーの土屋恭蔵(鈴木一真)、若手歌手の相良千恵子(吉谷彩子)、テノール歌手の小野竜彦(佐野岳)、そのほかオーケストラの楽団員たちも大阪に。さくらもオペラ会場に到着していると考えていた一同だが、公演当日、なぜかさくらはコントラバスケースに詰め込まれた遺体となって発見される…。その場に居合わせた由利麟太郎(吉川晃司)が、愛憎渦巻く人間関係からどのようにして犯人を特定するのか。次々と起こる奇怪な殺人事件の真相とは―。

周囲の人を魅了し、登場人物のほとんどをとりこにする物語のキーパーソン。そんなさくらを演じる高岡早紀に今回の作品や役どころ、横溝作品の魅力を聞いた。


<高岡早紀インタビュー>
Q.ドラマの企画・台本を読まれた時の感想をお教えください。
演じるさくらは、物語の重要なキーとなる存在。芝居がメインというより、存在自体が、この物語にとって重要なのだなと感じました。言葉を使わず、ある意味存在感だけで芝居をするというのは、今まであまりなかったので、自分自身としては、どんな表現ができるのか、楽しみです。

Q.オペラ界のスター・原さくらは、どういった人物でしょう?
スター女優・さくらという人生をとにかく楽しんでいる女性です。周囲の人を魅了し、みんながみんな、さくらを好きになる。モテモテですよね。ありがとうございます(笑)。

Q.さくらの遺体が発見されて、謎がスタートします。

あんなに、キレイでドラマティックな遺体はなかなかないなと思います。殺されることは、うれしくはないけれど、ああいう形の美しい遺体はそうそう経験できるものではないので、ありがたいですね。

Q.横溝正史ミステリー『探偵・由利麟太郎』作品についての感想をお願いします。
横溝ワールドはすでに皆さんの中にあると思いますので、その色をより濃くしていければなと思います。

Q.主演・吉川晃司さんの印象や、撮影現場での様子をお教えください。
最初に死んでしまう役なので(笑)。吉川さんやみなさんと、一緒に芝居をするシーンがなく、対話がほとんどなかったので、その意味ではつまらなかったですね。もっと皆さんと芝居がしたかったです。
横溝正史の世界に、吉川晃司さん独特の新たな世界が折り込まれて、新しいドラマになるのではないかなと期待しています。

Q.4話、5話の見どころ、視聴者へのメッセージをお願いします。

2話連続なので、キャストの人数も多く豪華です。登場人物が多いので、丁寧に台本を読み込まないといけなくて大変でしたけど、その分夢中にさせてくれる台本だったので、視聴者の方も同じように、この世界に引き込まれていって下さるといいなと思いました。また、大人が多く出演しているので、“大人のドラマ”をお楽しみください。

<4話あらすじ>
オペラ界のスターでソプラノ歌手の原さくら(高岡早紀)は、弟子で若手歌手の相良千恵子(吉谷彩子)、テノール歌手の小野竜彦(佐野岳)、マネージャーの土屋恭蔵(鈴木一真)と助手の雨宮順平(水沢林太郎)、そのほかオーケストラの楽団員らとともに、東京での公演を終え、次の舞台・大阪へと向かっていた。
ところが翌日、会場に集まった一同は、さくらがいないことに気付く。さらに、見知らぬ女の子に手紙を渡された小野が、中を見た瞬間、顔色を変えて出て行ってしまう。そんななか、一行のもとには東京からの荷物が届き、コントラバス奏者の川田良介(佐渡山順久)が自分の楽器が見当たらないと騒ぎだす。しばらくして川田のコントラバスは無事に見つかるが、ケースの中にはバラの花びらに覆われたさくらの遺体が入っていた――!
さくらの夫・聡一郎(大鶴義丹)に誘われ、俊助(志尊淳)とともに会場を訪れていた由利(吉川晃司)は、絞殺されたさくらの遺体から砂が落ちたことに気付く。また前日の夜、千恵子がさくらに頼まれて代わりにホテルにチェックインしたことも判明。さらに、さくらの持ち物には、暗号化された読めない楽譜が。それは、同じ楽団のバリトン歌手・志賀笛人(水橋研二)の弟子で、当時新人歌手だった藤本章二(池岡亮介)が殺害された際に、楽譜を手にしていたという事件をほうふつさせた。
スター歌手だったさくらの死にショックを隠せない楽団員たち。すると、メンバーの間ではたびたびさくらの亡霊が目撃されるようになる。そして犯人が分からないまま、一行にはさらなる悲劇が迫っていて…。

■5週連続特別ドラマ『探偵・由利麟太郎』
毎週火曜よる9時〜9時54分(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
出演者:吉川晃司 志尊淳 ・ 木本武宏 どんぐり ・ 田辺誠一
ゲスト(出演順):新川優愛 水上京香 村川絵梨 浅利陽介 高岡早紀 大鶴義丹 鈴木一真 吉谷彩子 佐野岳 板尾創路 他

(C)カンテレ


    あなたにおすすめ

    ニュース設定