ヤクルト村上宗隆の母校から強力スラッガー再び。総合力も極めて高い

2

2020年07月07日 06:51  webスポルティーバ

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

スポルティーバ厳選! 
高校野球 47都道府県の注目選手
熊本編

 新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校野球選手権大会」が中止となり、その替わりに、各都道県は独自の代替大会を行なうとしている。熊本は「夏季熊本県高等学校野球大会」を開催する。大会での活躍が期待される好選手たちを紹介したい。

 この夏、熊本でもっとも注目したい選手が九州学院の牛島希(のぞみ)だ。走攻守の三拍子揃った右打ちの外野手で、昨年の川野涼多(現・西武)に続いてドラフト指名を受けるだけの可能性を持っている。

 豪快でパワフルなスイングが持ち味で、逆方向にもスタンドインできるパワーと技術を兼ね備える。走っても50mを5秒台で走り、入学早々にセンターのポジションを獲得。打球判断もよく、外野手としての総合力は極めて高い。

 同じく九州学院には捕手を務める山路駿も左の強打者として注目を集めている。また、九州学院は毎年のように下級生が夏にブレイクしており、今年もアッと驚く選手が出てくるかもしれない。

 2年生ながら注目を集めるのは、昨年秋の準優勝投手、城北の右腕・永谷魁人。制球力の高さとフィールディングのうまさに定評があり、ストレートは昨年秋の時点で137キロを計測。本人も「もう少し出ると思う」と手応えをつかんでおり、もしかしたらこの夏に140キロ超えを達成するかもしれない。

 熊本工のスリークォーター右腕・村上仁将(まさゆき)は、打者の懐をえぐる130キロ中盤のストレートが魅力だ。昨年夏の甲子園では2試合に登板して、10イニングを無失点。この夏も強気な投球が見られることだろう。

 この村上のほかにも熊本工は好素材の選手が多く、昨年のチームから中軸を打つ森翔太郎はあらゆる球種に対応できるコンタクト能力の高さに長けた好打者だ。

 開新の左の強打者・石井直大はスイングスピードの速さだけでなくタイミングの取り方が秀逸で、どのコース、どの球種にも対応できる柔らかさを持つ。

 一発の魅力では、八代東の山本航弥も見逃せない。181センチ、92キロの堂々とした体躯から、芯を食えばどこまででも飛んでいきそうな圧巻の打球を放つ。

 文徳には山口晃、山下晃之介、辻崎颯汰の強打者トリオが君臨。森田崇智監督も「山口が20発超。山下と辻崎で約80発。3人合計100発で夏を迎えたい」と胸を張る。広い藤崎台球場で3人のアーチ競演が見られるかどうか楽しみだ。

 ルーテル学院の則次叡之、中島愛喜のバッテリーにも高い将来性を感じる。則次は182センチの長身から投げ下ろす本格派で、まだまだ球速が上がる気配を感じさせる。中島は二塁送球1.9秒台前半を連発するスローイングに定評があり、バッティングもツボにくればスタンドインする長打力を秘めている。とはいえ、ともに「即プロ」という存在ではないが、これからの成長に期待したい。

 1年生の時に三塁手として夏の甲子園に出場した東海大熊本星翔の木原仁千嘉(きはら・にちか)は、最後の夏は投手として迎えることになる。130キロ台中盤のストレートとスライダー、チェンジアップを駆使して打たせて取るピッチングを身上とする。

 昨年秋の王者・熊本国府には、2年生の快速球右腕・池田太地と左打ちの好打者・増田剣人という投打の軸がチームを牽引する。

 かつて熊本を席巻した秀岳館は、急遽、投手に専念することになった山本力聖に注目だ。わずかな期間で140キロをマークしたセンスが光り、打っても20本近い本塁打を記録するなど、”二刀流”としてこの夏に挑む。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定