今日は7月7日! 世界で最も市場価値の高い背番号「7」&「77」は?

0

2020年07月07日 12:36  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真市場価値の高い選手は? [写真]=Getty Images
市場価値の高い選手は? [写真]=Getty Images
 今日は7月7日。そこで今回は、サッカー界で背番号「7」、および「77」をつける選手のうち、移籍情報サイト『transfermarkt』が算出する市場価値の最も高い選手トップ10を紹介する。

※以下、情報はすべて7月7日時点のもの
※日本円は7月7日のレートで換算
※カッコ内は(所属クラブ/国籍/背番号/現年齢)

▼10位 4800万ユーロ(約58億円)
マルセロ・ブロゾヴィッチ
(インテル/クロアチア/77番/27歳)

アントニオ・コンテ体制のインテルで、不動のレジスタとして活躍。背番号77はディナモ・ザグレブ時代からつけており、インテルでも同じナンバーを選んだ。インテル入りが決まった際には、11番も気になっていたようだが、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが着用していた77番にしたという。ちなみに77番の選手で唯一のトップ10入り。

▼9位 5200万ユーロ(約63億円)
リチャーリソン
(エヴァートン/ブラジル/7番/23歳)

ブラジル代表のストライカーが9位にランクイン。市場価値5200万ユーロは、マンチェスター・CのGKエデルソンやユヴェントスへの移籍が決まったMFアルトゥールら(ともに5600万ユーロ)に次いで、ブラジル人選手では10番目に高い。最近ではセレソンでも背番号7を着用している。

▼8位 6000万ユーロ(約73億円)
クリスティアーノ・ロナウド
(ユヴェントス/ポルトガル/7番/35歳)

背番号7と言えば、やはりC・ロナウド。最初にこの番号をつけたのはマンチェスター・Uでのことで、レアル・マドリードやユヴェントス、そしてポルトガル代表でもこの番号を着用してきた。2013年には「CR7」をブランド化し、今年6月には生涯年収がサッカー界で史上初の10億ドルに達したことが話題となった。

▼7位 6400万ユーロ(約78億円)
ソン・フンミン
(トッテナム/韓国/7番/27歳)

市場価値では、C・ロナウドを上回るソン・フンミン。彼もまたレヴァークーゼン時代から背番号7を愛用する。今年4月には、イギリスメディア『フットボールロンドン』によって、トッテナム歴代最高の背番号7に選ばれた。

▼5位タイ 8000万ユーロ(約97億円)
エデン・アザール
(レアル・マドリード/ベルギー/7番/29歳)

今季レアルに加入して、ラウール・ゴンサレスやC・ロナウドが背負っていた背番号7を継承。ただこれはクラブからの強い要望だったとされ、入団会見ではこれまで愛用していた10番を「ルカ・モドリッチに断られた」と明かした。

エンゴロ・カンテ
(チェルシー/フランス/7番/29歳)

2016年のチェルシー移籍を機に背番号7を着用。奇しくも、カンテを代表デビューさせたディディエ・デシャン監督がチェルシーの選手時代につけていた番号だった。市場価値8000万ユーロは、パリ・サンジェルマンのキリアン・エンバペ(1億8000万ユーロ)、バルセロナのアントワーヌ・グリーズマン(9600万ユーロ)に次いで、フランス人選手として3番目に高い。

▼4位 8100万ユーロ(約98億円)
ジョアン・フェリックス
(アトレティコ・マドリード/ポルトガル/7番/20歳)

今季、クラブ史上最高額の移籍金でアトレティコに加入し、グリーズマンがつけていた背番号7を継承。ただ加入時に希望した番号は、ベンフィカ時代に背負っていた「79番」だったとか。ラ・リーガの規定でトップチーム登録選手は1〜25番しかつけられないため、本人も7番を受け入れたという。

▼3位 1億1700万ユーロ(約142億円)
ジェイドン・サンチョ
(ドルトムント/イングランド/7番/20歳)

2017年のドルトムント加入当時、市場価値は“たった”500万ユーロだった。それからわずか2年で1億ユーロの大台に到達。コロナ禍で多少ダウンしたとはいえ、現在の評価額は1億1700万ユーロとなっている。まだ20歳ということを考えれば、さらなる上昇が期待できそうだ。

▼2位 1億2800万ユーロ(約156億円)
ラヒーム・スターリング
(マンチェスター・C/イングランド/7番/25歳)

サンチョとトッテナムのハリー・ケイン(1億2000万ユーロ)を抑えて、最も価値あるイングランド人選手となっているのがスターリングだ。プレミアリーグでプレーする選手の中でも、市場価値はトップを誇る。ちなみに背番号7はマンチェスター・C加入当初からつけている番号で、前任者は現リヴァプールのジェイムズ・ミルナーだった。

▼1位 1億8000万ユーロ(約219億円)
キリアン・エンバペ
(パリ・サンジェルマン/フランス/7番/21歳)

サッカー界で最も市場価値の高い“背番号7”――というよりも、いま世界で最も価値のあるサッカー選手である。パリ・サンジェルマンでの1年目は前所属のモナコ時代にも愛用し、弟の誕生日から取ったという29番を着用していたが、2年目から7番へ変更。「最強の7番」と呼ばれるためにも、今季はビッグイヤーを勝ち取りたい。

(記事/Footmedia)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定