田辺桃子、吉田仁人ら若手俳優陣×新鋭監督で贈る、YouTubeドラマ配信

0

2020年07月07日 22:02  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真第2弾『男子を飼う』場面写真
第2弾『男子を飼う』場面写真
 元「Seventeen」モデルの田辺桃子や、5人組ボーカルダンスユニット「M!LK」メンバーの吉田仁人ら若手俳優陣と、新鋭監督がドラマプロジェクト『SSS〜Special Short Story〜』を立ち上げ、YouTube完全オリジナルショートストーリを制作・配信することが発表された。

【写真】『SSS〜Special Short Story〜』第1弾ほか場面カット

 同プロジェクトは、映画・ドラマ・CMなどあらゆる分野で活躍する北川景子、新木優子、小松菜奈、窪田正孝らが所属するスターダストプロモーション制作3部の若手俳優陣を中心に、注目の若手クリエイター4人が企画・監督を務め、ショートストーリー仕立てのドラマをYouTubeで公開していく。現在、第1弾から第4弾まで配信が決定している。

 第1弾『フィフティー・フィフティー』には、小泉光咲、松村和哉、高岡凜花が出演。監督・脚本は、八重樫風雅が務める。小泉演じる高校生のシンゴは、松村演じる親友のレイジに相談を持ちかける。その相談とは、高岡演じる同じクラスの朝比奈へのリモート告白…!それぞれの想いが交錯し、思いも寄らぬ事実も発覚していく。そして、タイトルにある「フィフティー・フィフティー」の意味とは…。自粛期間中ならではの恋愛模様をリモート画面越しに映し出す。

 続く第2弾『男子を飼う』には、田辺桃子、柴田杏花、小野寺晃良、永井彩加、吉倉あおい、関めぐみが出演し、監督・脚本は、東かほり。女性5人に監視される男性。“なぜ監視されているのか”“5人に隠された共通点”など真相に迫っていく。第3弾『駆ける帰宅部に明日はあるのか』は、松村和哉、松本大輝、高橋春織、吉田仁人、 冬野心央、宇野愛海、永井彩加、吉澤要人ら若手俳優が総出。監督・脚本は渡邉安悟が担当し、帰宅部4人が部員募集に奔走する姿をコミカルに描く。

 第4弾の監督・脚本には吉野主を迎え現在制作中。休校期間が間も無く終わろうとしている中、手探りのまま始まる学校生活に疑問を感じる高校生たち。Twitter のタイムラインに流れてきたあるハッシュタグから、男女6人の青春群像劇が始まる。

 第1弾『フィフティー・フィフティー』&第2弾『男子を飼う』は、スターダストプロモーション制作3部公式YouTubeチャンネルにて現在配信中。第3弾『駆ける帰宅部に明日はあるのか』は7月上旬、第4弾は7月中旬の配信を予定している。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定