ミランが圧巻のゴールショー! 18分間に4点獲得、ユーヴェに大逆転勝利

2

2020年07月08日 06:51  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真ミランとユヴェントスが対戦した [写真]=Getty Images
ミランとユヴェントスが対戦した [写真]=Getty Images
 セリエA第31節が7日に行われ、7位ミランと首位ユヴェントスが対戦した。

 リーグ再開後、ミランは3勝1分、ユヴェントスは4連勝中と好調のチーム同士による伝統の一戦が実現。試合前には、先日91歳で亡くなった映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネさんを追悼するセレモニーが行われた。

 ボールを握るユヴェントスに対して、ミランは集中した守りを披露する。試合の均衡が崩れる気配の見えないなか、両チームに好機が訪れたのは前半アディショナルタイム2分。まずはユヴェントスがチャンスを迎える。ダニーロ、フェデリコ・ベルナルデスキと繋いで、最後はゴンサロ・イグアインが反転からシュートを放ったが、相手DFにブロックされネットを揺らすことはできなかった。その直後には、ミランに決定機。ルーカス・パケタのスルーパスから抜け出したズラタン・イブラヒモヴィッチが相手GKの1対1を制したが、オフサイドでゴールは認められず。試合はスコアレスで折り返した。

 試合のスコアが動いたのは後半開始早々の47分、ユヴェントスが先制に成功する。中盤でボールをカットしたアドリアン・ラビオは、巧みなドリブルで自らファイナルサードまでボールを運ぶ。そのままエリアの外から左足を振ると、シュートはゴール右上隅に吸い込まれた。ラビオにとっては、ユヴェントス加入後初得点となった。

 ユヴェントスは53分に追加点を獲得する。フアン・クアドラードからのロングフィードに対し、ミランは2人のDFのポジションが重なり処理に失敗。すかさずクリスティアーノ・ロナウドがボールを回収し、しっかりとネットを揺らした。しかし59分、ユヴェントスはVARのレビューによってDFレオナルド・ボヌッチがエリア内でのハンドを取られ、PK献上。このPKをズラタン・イブラヒモヴィッチに決められ、点差は再び1点に。

 さらに66分、ミランは敵陣深い位置で細かくパスを繋ぐと、最後はフランク・ケシエがフィニッシュ。ボールは相手DFにも当たってゴールに吸い込まれた。さらに67分、途中出場のラファエル・レオンがルーズボールを回収し、エリア内で右足を振り抜く。これもブロックに入ったユヴェントスのDFに当たってコースが変わり、ゴール左下隅に流れ込んだ。なおユヴェントスにとっては、リーグ戦で5分間に3失点を喫するのは2013年10月のフィオレンティーナ戦以来の出来事となる。

 そして80分、アレックス・サンドロの中途半端なサイドチェンジをジャンモコ・ボナヴェントゥーラがカットしてアンテ・レビッチのゴールをお膳立て。今年に入ってから止まらないクロアチア人ストライカーは、今季リーグ戦の得点を2桁に乗せた。

 後半アディショナルタイム3分にはC・ロナウドがネットを揺らしたが、これはオフサイドで認められず。試合はこのまま終了し、勝利したミランは暫定5位に浮上した。一方で、ユヴェントスは今節敗れた2位ラツィオとの勝ち点差「7」を広げることに失敗した。次節は、ミランは12日にナポリと、ユヴェントスは11日にアタランタと対戦する。

【スコア】
ミラン 4−2 ユヴェントス

【得点者】
0−1 47分 アドリアン・ラビオ(ユヴェントス)
0−2 53分 クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)
1−2 62分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(ミラン)
2−2 66分 フランク・ケシエ(ミラン)
3−2 67分 ラファエル・レオン(ミラン)
4−2 80分 アンテ・レビッチ(ミラン)

このニュースに関するつぶやき

  • 若いチームにイブラヒモビッチを入れただけこうなります
    • イイネ!1
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定