山手線内の駅混雑予想をアプリで提供 7月下旬から

0

2020年07月08日 07:11  Traicy

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Traicy

写真写真

JR東日本は、山手線などの駅の混雑予測情報をアプリで提供するサービスを7月下旬から開始する。

配信中の「JR東日本アプリ」において、山手線の内側の全37駅のうち27駅のホームや改札の当日、1日後、2日後の混雑予測を時間帯ごとに4段階で表示する。外出や帰宅の時間を判断する一助となることを目的としているという。

対象は山手線の池袋〜新大久保、代々木〜目黒、高輪ゲートウェイ、田町、新橋、有楽町、神田〜御徒町、鶯谷、西日暮里〜大塚の各駅のほか、中央・総武緩行線の御茶ノ水〜千駄ヶ谷間の市ケ谷を除く各駅。対象外の駅については今後の対応を検討する。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定