「もう一つのプロ野球」、3年目のシーズンがやってくる!

0

2020年07月08日 08:24  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真(C) Nippon Professional Baseball / (C) Konami Digital Entertainment
(C) Nippon Professional Baseball / (C) Konami Digital Entertainment
◆ 競技タイトルは最新作『eBASEBALL パワフルプロ野球 2020』

 “もう一つのプロ野球”は、第3章へ──。

 今年もNPBとコナミがタッグを組んで、『eBASEBALL プロリーグ』 が開催される。


 一般社団法人日本野球機構(以下、NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメント(以下、コナミ)は7日、「実況パワフルプロ野球」(以下、「パワプロ」)シリーズを競技タイトルとする、プロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL プロリーグ」2020シーズンのプロテスト開催時期を決定。また、競技タイトルを「パワプロ」のシリーズ最新作とすることもあわせて発表した。

 「eBASEBALL プロリーグ」とは、eスポーツを通じて新しい野球の楽しみ方を提供することで、野球ファン拡大を目指すことを目的にはじまったプロ野球eスポーツリーグ。2018年よりはじまり、今年で3シーズン目を迎える。

 厳しいプロテストを通過したトッププレイヤーたちが、実際のプロ野球12球団による「eドラフト会議」での指名により、1球団・4名のチームを結成。こちらもプロ野球と同様、セ・リーグとパ・リーグに分かれ、日本一の座をかけて争いを繰り広げていく。


 ドラフト指名の権利を得るための予選会は、8月下旬からオンラインでスタート。また、これまでオフラインで行われていたプロテスト最終選考会も、今年は様々な情勢を鑑みてオンラインで実施されることが決まった。

 昨シーズンはセ・リーグ2位から勝ち上がった巨人と、パ・リーグを制したロッテによる「SMBC e 日本シリーズ」の末に、巨人が初の日本一を奪取。2019シーズン全試合の総視聴回数は約590万回、延べ視聴者数は100万人以上を計測するなど、その注目度は年々高まっており、今年も熱い戦いに期待がかかる。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定