「好きか分からない」ときに気持ちを整理する方法とは?

1

2020年07月08日 12:32  セキララ★ゼクシィ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

セキララ★ゼクシィ

写真写真

「あれ、私は彼のことが本当に好きなのかな」「こんな気持ちで彼と付き合っていいのかな」……恋愛中は、時に自分の気持ちに迷いが生じることもあります。セキララゼクシィでは、20〜40代の女性にアンケートを実施。「好きか分からない状態」の心理や、好きを見極めるポイントを探りました。また、恋愛コラムニストのトイアンナさんのアドバイスも必見です!
 

好きか分からないときってありますよね?


 
好きか分からないときってありますよね?
出展:セキララゼクシィ

 
恋人や、付き合ってはいないけれど気になる人がいる場合でも、「彼を本当に好きなのだろうか」と悩んでしまう人もいるようです。
アンケートで、好きか分からずに悩んだ人はどのぐらいいるのか聞いてみたところ「はい」が66.3%、「いいえ」が33.7%という結果になりました。
 
「はい」と回答した割合が「いいえ」の2倍近く上回っており、恋愛中に「好きか分からない」という感情を経験することはよく起こるのかもしれません。
では、もしそんな曖昧な気持ちになってしまったときは、どうやって「好き」を見分ければいいのでしょうか。
 

好きか分からない……好きを見極める判断基準とは?


 
好きか分からない……好きを見極める判断基準とは?
出展:セキララゼクシィ

 
恋愛中の彼を、本当に好きか分からなくなってしまったときは、自身が彼に対して感じることや、しがちな行動を振り返ってみるといいかもしれません。
アンケートで聞いた「恋愛対象の相手に感じる、もしくはしてしまう行動」を基に、「好き」を見極めるポイントをまとめてみました。
 

一緒にいると安心する


アンケートでも特に多かったのが「一緒にいると安心する」という回答でした。
長く付き合っている恋人の場合、付き合い始めのドキドキ感が薄れると、本当に好きか迷うときもあるでしょう。しかし、「心穏やかにいられる」「素の自分を出せる」という感覚は大切なこと。それに、もう相手への感情が冷めきっているなら、一緒にいても居心地が悪く感じるでしょう。
 

キスなどのスキンシップを取りたいと思う


恋愛感情があれば、触れ合いを求める気持ちも当然生まれます。恋人とのスキンシップが面倒に感じたときは彼への気持ちが変化していると思った方がいいかもしれません。
また、付き合ってない場合でも「キスやスキンシップをしたい」と思うなら、恋愛対象として見ていると考えられます。
 

ふとしたときにその人のことを考えている


おいしいものを食べたときや楽しいことをしているとき、「彼にも共有したい」と思うなど、ふとした瞬間に相手の顔が思い浮かぶとしたら、あなたの中でその人が気になる存在であることは確かです。
逆に、付き合っていても、一緒にいないときは恋人の存在を忘れがちだとしたら、あなたの中で相手の重要度が下がってきているのかもしれません。
 

別の女性と遊んでいたら嫉妬する、ショックを受ける


彼が他の女性と親しくしている姿を見たときに、嫉妬を感じたとしたら「誰かに取られたくない」という気持ちがあるということ。
もちろん、嫉妬をあまり感じないタイプの人もいるでしょう。しかし、「恋人に好きな人がいても気にならない」という人は少ないはずです。
 

相手にどう思われているか気になる


彼を好きであれば、考えていることや、自分がどう思われているのかを知りたくなるでしょう。そのため、相手の気持ちを聞き出そうと探りを入れる行動を取ったりもします。
恋人同士でも、相手の考えていることに興味がない状態だとしたら、関係の終わりが近づいているのかもしれません。
 

同じ共通点があると嬉しい


彼との思いがけない共通点を見つけたときに、嬉しい気持ちになるなど心が動いたとしたら、あなたが彼を好きなサインと考えてもいいでしょう。
 
その他には「その人に会うときはおしゃれをする」「ふたりきりになりたいと思う」「ささいな相手の変化にすぐに気付く」などの回答も見られました。自分の行動や態度を客観的に振り返って、本当の気持ちを確かめてみてはいかがでしょうか。
 

好きか分からないと感じたきっかけ アンケート結果


 
好きか分からないと感じたきっかけ アンケート結果
出展:セキララゼクシィ

 
そもそも、「好きか分からない」と感じているときは、どんな心理状態なのでしょう。
アンケートで「好きか分からなくなった経験がある」と答えた人にその原因を尋ねてみると……。
 

彼氏編


1位:ときめかなくなった(20.8%)
2位:相手の嫌なところが見えてしまった(18.5%)
3位:会いたいと思わなくなった(17.5%)
4位:一緒にいても楽しくないと感じるようになった(15.9%)
5位:交際期間が長くてマンネリを感じた(14.8%)
6位:他に好きな人ができた(5.2%)
7位:その他(3.7%)
7位:浮気をされてしまった(3.7%)
 

まだ付き合っていない編


1位:ときめかなくなった(26.5%)
2位:相手の嫌なところが見えてしまった(19.1%)
3位:会いたいと思わなくなった(16.7%)
4位:一緒にいても楽しくないと感じるようになった(15.2%)
5位:交際期間が長くてマンネリを感じた(10.9%)
6位:他に好きな人ができた(8.6%)
7位:その他(3.1%)
 
相手が恋人でも、そうでない場合でも、「ときめかなくなった」「相手の嫌なところが見えてしまった」「会いたいと思わなくなった」といった気持ちの変化が、「好きか分からない」につながるようですね。
 

好きか分からないと感じる心理


 
恋愛コラムニストのトイアンナさんは、アンケートの結果を見て「好きか分からない」の心理を次のように解説しています。
 
アンケート結果にも出ていますが、彼氏や付き合う前に気になる人のことを好きか分からなくなってしまう最大の理由は、「恋心が薄れているから」です。
 
もし、冷める理由が性格の悪さや失敗など、相手のせいにできる事情であれば……。「好きか分からない」などという曖昧な答えは出さないでしょう。
「好きか分からない」と感じている時点で、あなたは冷めた原因が自分の心変わりと気付いているはずです。
 
ただ、ほとんどのカップルは数年以内に恋心から愛情へと感情を進化させます。ですから、これは誰にでも起きること。
ですから、恋心が薄れたからといって、その関係を諦めてしまうのはもったいないですよね。
 

抜け出すために試してみたこと


 
抜け出すために試してみたこと
出展:セキララゼクシィ

 
恋愛感情が薄れるなど、心の変化が原因で「好きか分からない」状態になってしまうことが多いようです。
では、そんな心変わりに悩んだとき、どのように解決すればいいのでしょう。
アンケートでは、こんな結果が出ています。
 
1位:相手がいる未来、いない未来を想像してみた(20.6%)
2位:しばらく距離を置いた(19.6%)
3位:自分のことをよく知る友人に相談してみた(18.9%)
3位:他の男性と比較してみた(18.9%)
5位:相手がいなかった過去の自分と現在の自分を比較した(7.6%)
5位:相手ととことん話し合った(7.6%)
7位:相手の良いところと悪いところを書き出した(3.4%)
7位:その他(3.4%)
(複数回答)
 
「相手がいる未来、いない未来を想像」「距離を置く」「友人に相談する」「他の男性と比較する」などの行動で、自分の気持ちを確かめることが多いようですね。
 

抜け出すための対処法


 
トイアンナさんから、「好きか分からない状態」になったときの解決法について、こんな具体的なアドバイスをもらいました!
 
危険に思えるかもしれませんが、好きか分からなくなったときは、他の恋愛対象になりそうな人とお話ししてみるのも一つかもしれません(彼氏がいる方は、浮気の範囲に入らないよう注意してください)。
 
別のタイプの方とお話しすることで、「私ってやっぱり、彼のことが好きだな」と再確認できることが多いものです。
なぜなら、彼とあなたの間には、新しい候補者と比較にならない愛情の歴史があるはずだから。
 
もしそこで、新しい方にときめくようであれば、問題は新しい人ではなく、シンプルに、あなたの愛が完全に消えつつある可能性が高いです。
こういった方法で自分の気持ちを確かめることで、「好きか分からない状態」からは抜け出せるかもしれません。
 

まとめ


 
まとめ
出展:セキララゼクシィ

 
「好きか分からない」という状態は、相手との関係性に悩んでいたり、自分の心変わりに戸惑っていたりなど、「本心から目を背けたい心理」が働いているのかもしれません。
自分の正直な気持ちと向き合うことで、新たな一歩を踏み出せるといいですね。
 
取材・文/おかゆ
 
【監修】
トイアンナさん
1000人以上の人生相談を受けた経験から、アラサー女性のキャリア・恋愛を中心に執筆。書籍『モテたいわけではないのだが』など多数。
ツイッター:https://twitter.com/10anj10
 
【データ出典】
・ゼクシィユーザーアンケート
調査期間:2020/04/24〜2020/05/08
有効回答数:359人(女性)
 
 

動画・画像が表示されない場合はこちら

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定