木下優樹菜、新たな「異性トラブル」報道の裏側――プラチナムが「事務所総出」でマスコミにリーク!?

4

2020年07月08日 15:02  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

 7月1日、7カ月ぶりに芸能活動を再開するも、6日に突如、引退を発表して業界内外に衝撃を与えた木下優樹菜。一部では「新たな男性スキャンダル」の可能性を示唆する報道も出ており、所属のプラチナムプロダクションは、ついに木下をかばいきれなくなった、とする状況だというが……。

 木下は、実姉が勤務していた都内のタピオカドリンク店とトラブルを起こし、店長に対して「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるから」「これからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」などと“恫喝”めいたダイレクトメッセージをSNSで送信。これがネット上に流出し、大炎上になったことが、活動休止、ひいては引退の引き金となっている。

「このタピオカ騒動をめぐっては、木下自身の言動同様、『事務所の圧力』も物議を醸しました。というのも、恫喝疑惑DM流出後、ネット上ではすぐに大炎上へと発展したものの、テレビやスポーツ紙は当初この件をほぼスルーしていたため、ネットユーザーの間で『事務所総出でマスコミに圧力か?』などと指摘されるようになったんです。実際に、プラチナムやその関係者から各メディアに、報道を控えるよう要請が入っていたことは、テレビ局や新聞社の関係者も認めているところです」(週刊誌記者)

 そして今回の引退発表。木下は発表後ほどなくして、525万超のフォロワー数を誇ったインスタグラムアカウントを削除。引退について自らは一切情報発信せず、芸能界を去ることになったが、ニュースサイト「文春オンライン」や「スポーツ報知」など一部メディアは、木下の「まだ世に出ていないスキャンダル」について言及している。

「詳細については報じられていないものの、プラチナムでさえ把握していなかった『男性トラブル』がきっかけで、木下は引退を決めたと伝えています。実際にプラチナムサイドは、活動再開に至るまで、どうやって木下を支援していくべきか、関係各所とさまざまな調整を行っていた。それが一転、今回の引退をめぐる記事を見ると、トラブルについての情報源は、ほかならぬ『事務所関係者』となっています。つまり、プラチナムは現在、『事務所総出』で、木下のネガティブキャンペーンを打っているとみられます」(情報番組デスク)

 木下は、こうした事務所の動向をどのように受け止めているのだろうか。

このニュースに関するつぶやき

  • いいぞ、もっとやれ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 男性トラブル?まだ離婚して間がないのに。
    • イイネ!13
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定