機動隊員、拳銃自殺か=路上で頭から血―警視庁

0

2020年07月09日 00:00  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 8日午前3時半ごろ、東京都千代田区富士見の路上で、警視庁第5機動隊の男性巡査長(25)が頭から血を流して倒れているのを通行人が発見し、110番した。巡査長は病院に搬送されたが、同日夜、死亡した。巡査長の拳銃1丁が見つかっており、同庁麹町署は自殺を図ったとみて動機などを調べている。

 同署によると、巡査長は7日朝から8日朝まで勤務予定だった。8日未明に警戒施設の警備を終え、1人で歩いて待機用のバスに戻る途中、拳銃で頭を撃ったとみられる。拳銃には空の薬きょうが一つ残っていた。

 現場はJR市ケ谷駅から北東約1キロで、付近には靖国神社や大学などがある。

 警視庁警備1課の重久真毅課長は「動機など詳細は調査中で、再発防止に努める」とコメントした。 

    あなたにおすすめ

    ニュース設定