バレエはお金持ちの習い事?ママたちに聞く、バレエの金銭事情とは……

12

2020年07月09日 15:01  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

スポットライトを浴びて、曲に合せて華麗に踊るバレエ。洗練された華やかなイメージから、お子さんに習わせたいと考えているママもいるのではないでしょうか。ママスタBBSに、娘さんにバレエを習わせたいママからこんなお悩みが届きました。
『バレエができる女の子って素敵だよね。バレエに憧れがあるので、娘にやってもらいたいなと思っています。でもやっぱりお金持ちの習い事かな?』
投稿者さんに限らず、バレエに対して敷居が高いイメージを持っているママもいるかもしれませんね。現在お子さんにバレエを習わせているママたちが、気になるあれこれを教えてくれましたよ。ぜひ参考にしてみてくださいね!

リーズナブルなバレエ教室もあります



ママスタBBSのママたちによると、手頃な価格のバレエ教室もあるようです。
『お金持ちじゃないけど、うちも習わせている。月謝だけなら他の習い事と同じくらいだし、発表会も高いけど出せる範囲の金額』
『うちもお金持ちじゃないけど、幼稚園のときから週1でカルチャースクールからはじめた。発表会のことを聞いたら自由参加だから無理に参加しなくてもいいって』
『公民館でやっている教室は安いよ』
カルチャースクールや公民館などで開いているバレエ教室は比較的リーズナブルなようです。ではどのくらいの金額なのか、聞いてみましょう。

手頃な価格のバレエ教室。気になる相場は?

『うちは月8000円くらい』
『うちは個人の先生の小さな教室。月5000円で固定曜日以外も自由にレッスン参加できるよ』
他の習い事と同じくらいの月謝で習える教室もあるようです。月謝以外にも衣装やシューズ代、発表会などにもお金がかかるとのことなので、そこをいかに抑えるかが無理なく通えるかどうかのポイントなのかもしれませんね。

イメージ通りお金がかかる!バレエのために働くママも……


リーズナブルなバレエ教室がある一方で、金銭負担の大きい教室もあるようです。お子さんにバレエを習わせているものの、「高い!」と話すママたちのコメントを聞いてみましょう。
『習わせるために必死に働いている』
『普通にお金ないと無理だと思う。他の習い事とは全く違う』
『習ったばかりの子が、発表会のお知らせの時期に金額知ってやめていくことが多々ある』
『うちの娘の教室は高い。週2回で月14000円』
月に1万円を超える習い事となると、ちょっと考えてしまうかもしれませんね。しかしなかにはバレエ教室に通わせるため、節約をしたり働いたりして我が子の夢を応援することに決めたママたちもいるようです。

月謝以外にかかる金額とは?



ママスタBBSのママたちによると、月謝の相場は週に何回通うかにもよりますが、5000円から14000円ほどでした。しかしどうやら月謝以外にも出費があるのだとか。

衣装や消耗品

『レオタードは1万円強、タイツは2500円。レオタードは安いものはあるけど、やはりバレエ専門店のものの方がいい。1着をずっと着回すのも可哀想だし、サイズアウトもするから何着も必要』
『私は13000円くらいのレオタードと7000円くらいのスカートを半年で買い替えてしまうから、ついお金がかかっちゃう。でも通販とかなら衣装も1500円くらいからあるみたい』
『衣装はレンタルで3〜4万円』
華やかなイメージがあるバレエ。練習のときと発表会の衣装、そしてタイツやシューズなどにもお金がかかるそうです。金額はピンキリのようですが、お子さんの晴れ舞台となると張り切ってしまうママもいるかもしれませんね。

発表会


まとまったお金が一気に必要になる発表会。その金額や頻度は教室によってさまざまでした。しかしなかには発表会に驚くべき金額をかける教室もあるようで……。
『発表会は1曲で10万円前後』
『発表会は参加費約11万円。写真やビデオ撮影禁止なので、購入費で2万円以上かかります』
『姉妹で習わせているママ友が、まだ年長と年少なのに発表会2人で20万円弱と言っていた。園児の時点でそんなにかかるなんて、うちには到底習わせられないわ』
『うちの子は12歳で、前回の発表会に30万円弱かかった。それにプラス写真代とDVD代やお花代。お金を持ってないと厳しいなと思った』
『発表会は1回に20〜100万円はかかる』
なんと発表会1回で100万円! 頭がクラクラしてしまったのは筆者だけではないはず……。バレエ教室に入会する前に発表会にいくらくらいかかるのか、確認しておきたいですね。

その他、バレエ独自の出費

『先生へのお花やお礼が必要。お中元やお歳暮も当たり前の世界みたいです』
『先生へのお歳暮とかクリスマスプレゼントとかで度々お金が徴収される習い事はバレエだけ』
『おさらい会2万円、合宿2万円、クリスマスパーティーが親子で15000円、新年会6000円、後援会4000円』
教室によっては先生へのお礼やプレゼント、お歳暮やお中元などが必要になるところもあるようで……そのあたりの金額がわからないと、「もしかしたら高いのではないか」と感じてしまっても不思議ではありませんね。

バレエを習わせたい!投稿者さんができることとは……


お子さんにバレエを習わせたいと思いつつも、足を踏み入れたことのない世界に戸惑いがあると話してくれた投稿者さん。リーズナブルな教室を紹介してくれたママたちがいる一方で、お金持ちの習い事ともとれるようなバレエ事情を紹介してくれたママもいました。
最後にバレエを習わせてよかったと話すママたちのコメントを紹介しましょう。
『小さいときからバレエをやっていたから足が長くなったかなぁと思う。やっていて損はない』
『あの柔軟性と体幹の強さ、そして舞台での作品を見ると、感動しちゃって辞められない』
お金がかかる、バレエ独自の世界観に戸惑うなど、デメリットと感じてしまうこともあるでしょう。しかしバレエを習うことのメリットももちろんあります。一生懸命練習したお子さんが、舞台で華麗に踊る様は感慨もひとしおでしょう。

バレエを習わせたいと思ったら、まずはカルチャースクールなど比較的リーズナブルなお教室からはじめてみてはいかがでしょうか。その後バレエに対するお子さんの情熱が高まってきたら、本格的な教室に切り替えてもいいかもしれません。バレエを習うお子さん本人とバックアップするママたちが、メリットとデメリットをしっかり話し合いながら検討してみてはいかがでしょうか。

文・荻野実紀子 編集・山内ウェンディ

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • バレエはお金持ちの習い事?ピアノもバイオリンも?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 娘ん所は週一で八千円、二年に一度の発表会は衣装レンタル等々全て含めて20万位だった。トウシューズ履く様になると、足に合うのを常に探すからもう少し月々かかるね。
    • イイネ!4
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(6件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定