奇跡の81歳マダム「外出禁止も楽しめたわ」3つの習慣が若さの秘訣

1

2020年07月09日 15:52  女子SPA!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

女子SPA!

写真やっと100勸幣紊琉榮阿竜可が出て、友人とシャロー家のテラスでディナー(右端が弓さん)。撮影のため近寄っていますが、食事中は1メートル以上の距離をとって……
やっと100勸幣紊琉榮阿竜可が出て、友人とシャロー家のテラスでディナー(右端が弓さん)。撮影のため近寄っていますが、食事中は1メートル以上の距離をとって……
 日本では5月25日に緊急事態宣言が解除され、街には少しずつ人が戻っていますね。
 フランスでは3月17日からロックダウン(都市封鎖)が実施されましたが、5月11日からは、段階的に緩和・解除されています。少しずつ日常を取り戻しつつある、6月末現在のパリの様子を、在仏54年目の弓・シャローさんに伺いました。

◆さすがのフランス人も、マスクをする人が増えた

 弓さんは、3年前、著書『パリが教えてくれたボン・シックな毎日』を上梓。その波乱万丈な人生とアイデア満載の楽しい暮らしぶりが話題になった人です。元デザイナーとしてのセンスと、若々しいルックスも、「奇跡の79歳!」と注目されました。
 81歳になった今もますます元気にパワフルで、今年3月には『100歳までパリジェンヌ!』も刊行されました。ところが、その頃から、世界は新型コロナウイルスの猛威にさらされたのです。

 日本より厳しかったフランスのステイホームを、どう乗り切ったのか? パリ郊外に住む弓さんに、現在の様子を聞いてみました。

「それぞれに工夫をしながら、カフェやレストランは営業を再開しています。また、フランス人の食生活には欠かせないマルシェ(市場)も再開しました。

 マスクをしている人は、私が見たところでは、3分の2ぐらいでしょうか。3分の1ぐらいの人は着けていないようです。それでも、マスクをするのは、これまで医療従事者やなにか重篤な病や伝染病にかかっている人で、街中でマスク姿の人を見かけることは皆無だった国ですから、人々の意識が変化したことを感じます。

 消毒用の携帯ジェルを持ち歩いている人もいます。私はまだ利用していませんが、公共交通機関はマスクをしていないと罰金をとられたり、ラッシュの時間帯の利用は、今のところ、証明書を携帯した通勤客や一部の例外を除いて、制限を受けていたりするようです。私たち夫婦はともにオーバー80歳なので、まだ積極的には街に出かけていません。でも、夫のクロードは大好きな森歩きの日課を取り戻しましたし、私もクロードの車で美容院や病院に連れて行ってもらっています」(弓さん、以下同)。

 いつもは歩くのも大変なほど混雑するマルシェですが、まだ人影はまばら。お店に並んだ野菜や果物の前にはビニール製のガードが張られています。店員さんはマスクや、人によってはビニール手袋もしています。

◆つらい時の支えるになるのは、やっぱり「友だち」

 そんな弓さんに、今回のステイホーム期間を通して、長い人生、これはやっておいてよかった!と改めて思ったことは何かを尋ねてみました。

 すると、即座に三つの答えが返ってきました。

「まず、なんといってもたくさんの年下の友人たちがいること。
 友人たちは今回、家で過ごす時間の支えでした。下は30代から上は70代までの年下の友人に恵まれていますが、みんな私のような年上のバアさんと付き合ってくれるだけあって(笑)、好奇心旺盛で行動力がある人ばかり。『弓さん、面白いユーチューブ見つけたから、見てみて!』と、みんなが小さな子どもや動物たちのかわいい姿を撮った動画を次々に送ってくださって、癒されました。

 全国有料老人ホームが募集している、『シルバー川柳』なるものの存在を教えてくれた人もいます。老いてきたものだけが知る、悲哀や寂寥を、ユーモラスに川柳によんだもの。どれもウイットに飛んだ楽しい作品ばかりで、何度見ても、お腹を抱えて笑ってしまいました。自分では知り得なかったことばかりです。

 メールやライン、電話……。元気があって、たのもしい、情報通の年下の友人たちの存在は、ションボリしていてもおかしくない年齢の私たち夫婦を元気づけてくれました。じつは毎年、3月、4月は日本に帰国することを楽しみにしているのですが、今年は、もちろん断念。けれども、ありがたいことに日本のあちこちから、たくさんの桜の写真が届き、iPadでのお花見を堪能しました!」

◆「お料理好き」なことは、一生の財産です

 やっておいてよかったこと、2つめは「お料理」だそうです。

「それから、お料理が好きということは、本当によかったと感じる数カ月でした。美食の街なので、カフェやビストロ、レストランなど、おいしいお店はたくさん。お料理が苦手という人や、夫婦だけの暮らしになると、食材を無駄にすることも多いと、キッチンには、もうほとんど立たないという知り合いも周りにはいます。

 今回、お店がすべてクローズして、家での生活を余儀なくされ、『本当に毎日の食事が苦労!』と聞きました。買い物に行く回数もかぎられ、冷蔵庫にあるもので食卓を整えるのが大変で、すごく痩せた!とか、偏った食生活で恐ろしく太った!という声も、耳にしました。私の場合は、昔からお料理が大好きなので、おかげさまで、まったく苦にはならず……。むしろ、難しいお題を与えられると闘志が湧くタイプなので、あるものを使いまわして変化をつけるというのは、楽しいものでした」

 フランスには、なんと「薄切り肉」がないそうで、こんな微笑ましいエピソードも。

「新刊の中で書いたのですが、なぜか牛肉や豚肉の薄切り肉というものがフランスにはありません。私はなじみのお店と、ああでもない、こうでもないと、互いに試行錯誤を繰り返し、日本のようなスライスをお願いできるようになりました。お手間をかけるので、いつもかなりの量をまとめ買いします。

 本を読んでそれを知った日本人の友人たちから、『弓さん、薄切り肉、できれば少しわけていただけないかしら? あると本当にレパートリーが広がるから』と、多数のお声がかかりました。思わぬことで、みなさんのお役に立てて、ちょっとうれしく、ちょっと自慢の出来事でした(笑)」

◆好きなものを作る「手仕事」で、いつだって楽しい時間に

 そして3つ目は、「手仕事」。ステイホームにはぴったりですね。

「手仕事を、ずっとやっていても飽きないということ。アクセサリーを作ったり、縫物をしたりする時間が本当に楽しくて、至福の時。日本の母校で年末にバザーがあるのですが、今年はチャリティーで手作りのものを出品しようと決めていて……。ですから、せっせとネックレスやラリエット、ミニスカーフを作りました。

 外出できないので、手持ちの材料をまさに在庫一掃の勢いで放出しました(笑)。作りながら、ここはもっとこうすると素敵かも!とか、使いやすいかも!と、いろいろ考えるので、思考力、想像力とフルに頭を使います。ステイホーム前に整理整頓に励みすぎて、腕を骨折していたのですが、そのリハビリにも。手仕事の楽しみがあるというのは、こういうときに本当にありがたいことだと感じました」

 30本も作ったミニスカーフは、生地は同じでもビーズやレースなどの飾りを変えた、まさにオンリーワンのスカーフ。また、40本作ったラリエットとネックレスも、1本として同じものはないそうです。

◆いつでも前向きで明るい、弓さんの生活スタイル

「あとね……」と、一呼吸おいて、いたずらっぽく微笑んだ弓さん。
「元気でフットワークのいい夫がいるということも、おまけで付け加えておきましょう」。

 弓さんより一つ年下の夫のクロードさんは、元エンジニアの理系男子なので、寡黙で、論理思考の人。フランス人男性に多い、「キミはこの世で一番美しい。愛しているよ」と毎日ささやくタイプでは決してありません。「私が髪を切っても気がつかない……」とは弓さん談。

 けれども、弓さん同様、元気でフットワークが軽く、車の運転も上手ですし、マルシェやスーパーマーケットへの買い出しも厭いません。「やっぱり、食料品はマルシェにかぎる!」と、再開したマルシェに一人で出かけて、新鮮な魚介類や季節の果物や野菜を調達してきてくれるそうです。
 それも、お料理好きの弓さんも一目置く、かなりの目利きとのこと。

 庭の手入れや家の中の調子の悪い備品をせっせと修理したのもクロードさんです。

 まだまだ、これまでと同じ日常に戻るまでには時間がかかることでしょう。新しい生活様式にシフトすることも、次々と出てきそうです。
 けれども、いつも明るく前向きに、そのときできることをして楽しむ。たくさん感謝する。そんな弓さんの生活スタイルには教えられることが多々あるように思います。

【弓・シャロー(YUMI CHARRAUT)さんプロフィール】
1938年、東京麻布生まれ。曽祖父は東京慈恵会医科大学を設立した男爵の睫攘鶸欧箸いΣ鳩呂念蕕帖E脹狡管柢嵳娚惘狢感噺紂⊇子美術大学に進学。並行してセツ・モードセミナーでも学ぶ。1966年、渡仏。結婚、出産。「プチバトー」のデザイナー他ファッション関連の仕事に従事。著書に『パリが教えてくれたボン・シックな毎日』、最新刊に『100歳までパリジェンヌ!』がある。

<文/女子SPA!編集部 写真(※以外)/ジャン・クロード・シャロー>

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定