気に入った作品は“泥棒”OK!「盗めるアート展」のコンセプトが斬新♪

1

2020年07月09日 17:01  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
■泥棒可能! 好きな作品を盗めるアート展

■盗めるアート展 7月10日(金)〜19日(日) / 東京都 / same gallery

7月10日(金)〜19日(日)、東京・品川区荏原のsame galleryで「盗めるアート展 - Stealable Art Exhibition」が開催される。

この記事の完全版を見る【動画・画像付き】

その名の通り、好きな展示作品は勝手に盗んで持ち帰ることが可能。

深夜0時から始まり、会期中は24時間ノーセキュリティーで営業している。

ただし、会場内には監視カメラがあり、ネット上で中継・録画動画の公開が予定されているため、素性を隠したい泥棒に対してはマスクや仮面の着用が推奨されている。

盗んでよいという前提から、アーティストはどのような作品を用意するのか。また鑑賞者は、盗んでよい作品に対しどう向き合うのか。

現代芸術を一風違った角度から捉え直すアート展となっている。

■盗めるアート展

<開催日時>
オープニングレセプション(泥棒行為NG) 7月9日(木)18:00〜21:00
泥棒タイム 7月10日(金)0:00〜19日(日)18:00
(ただし、全作品が盗まれ次第、展示は終了)

<会場>
same gallery(東京都品川区荏原4-6-7)

<料金>
入場無料

<ルール>
・盗める作品は一組につき一点限り(例:キャッツアイ様の場合は3人で1点のみ泥棒可)。
・盗めるのは展示作品のみ。会場内の備品などの盗難は、警察に通報。
・会場内への作品の持ち込み、設置は禁止。
・他のアート泥棒様と譲り合いましょう。

■紹介者コメント・イベニアスタッフ

合法的に展示作品の盗難が許される! ルパン三世や怪盗キッドのようなアート泥棒に惹かれていた人には、特に絶好のチャンスです。

意外と誰も手を出さないかもしれないし、逆に開始早々に根こそぎ盗まれて一気にがらんどうになるかもしれない。全作品が盗まれて早期終了があるかどうかも楽しみなアート展です。

※あくまでイベニアスタッフの個人的な追記・意見・感想です。

(2020年6月18日時点の情報)

このニュースに関するつぶやき

  • これは面白そうexclamation ��2
    • イイネ!5
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定