山下達郎 キャリア45年で初のライブ映像配信決定「違う可能性を必死で探さなくては」

27

2020年07月10日 04:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真キャリア45年で初となるライブ映像配信を行う山下達郎
キャリア45年で初となるライブ映像配信を行う山下達郎
 シンガー・ソングライターの山下達郎が、音楽アーティスト向けに新たに誕生した高音質動画配信サービス『MUSIC/SLASH』の“こけら落とし配信” 『TATSURO YAMASHITA SUPER STREAMING』を、30日午後8時から行うことが決定した。山下がライブ映像を配信するのは、キャリア45年で初となる。

【貴重写真】山下達郎夫妻×桑田佳祐夫妻が4人でレコーディング

 『MUSIC/SLASH』はミュージシャン/アーティストが業界史上最高レベルの音質で音楽を配信するために生まれた新しい動画配信サービス。山下は本サービスの先陣を切り、ファンの間では伝説化している2017年に雨の中で行われた『氣志團万博』(千葉・袖ケ浦海浜公園)での圧巻パフォーマンス約40分をノーカット配信。さらに、2018年に京都の老舗ライブハウス「拾得」(じっとく)で行われたアコースティックライブから数曲を初公開する。

 山下は過去に1度だけ、ライブ映像『山下達郎シアター・ライヴ PERFORMANCE 1984-2012』を劇場公開し、記録的なヒットとなった。しかし、DVDなどの映像商品化は一度もしたことがなく、ライブ映像配信も今回が初。「動く山下達郎」を自宅で見られることは、ファンにとって“事件”とも言えそうな試みとなる。

 山下は「どんなにライブをやりたくてもやれない。しかも、いつまで続くかも分からない、再びリアル・ライブができるようになるまでのあいだ、違う可能性を必死で探さなくてはなりません」と世界中で猛威をふるう新型コロナウイルスの脅威に危機感を募らせ、「最初は試行錯誤でも、とにかく前に進まねばなりません」と初のライブ配信に踏み切った胸の内を明かした。

 今回の配信で初公開される映像/音源は、山下自ら収録データを確認し、『MUSIC/SLASH』の音質に最適なミックスを施した。山下は「基本的にどこも修正などする必要がない演奏素材が準備できた」と、リアルライブに匹敵する映像/音源に自信をみせている。

 『TATSURO YAMASHITA SUPER STREAMING』は7月30日午後8時〜9時10分頃まで配信。チケット料金は4500円(税込)でイープラスでの購入手続きが必要となる。

■山下達郎「果敢に挑戦しようと思います」

キャリア45年。私は今まで、自分のライブ映像を映画館以外で公開したことがありません。テレビに乗せたこともありませんでした。しかし、とんでもない時代が訪れ、我々エンタの世界は深刻な危機にさらされています。どんなにライブをやりたくてもやれない。しかも、いつまで続くかも分からない。再びリアル・ライブができるようになるまでのあいだ、違う可能性を必死で探さなくてはなりません。

ならば、パソコン、スマホなど、ネットを介してのヴァーチャルなライブ活動を模索しよう、今までのリアルなライブ体験にどこまで肉薄できるか、どこまで再現できるか、果敢に挑戦しようと思います。

最初は試行錯誤でも、とにかく前に進まねばなりません。ヴァーチャル・ライブを敢行する上で、一番重視したのは、音質のクオリティと配信のセキュリティーです。その点で、最も信頼できるシステムを構築してくれたMUSIC/SLASHの力を借りて、まずは始めてみます。皆さんのおいでをお待ちしています。

■関係者コメント 所属事務所社長「大きな決断と挑戦」

▼黒岩利之氏(株式会社スマイルカンパニー 代表取締役)コメント

まず初めに、この度、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に罹患された方々におかれまして、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご快復を心よりお祈り申し上げます。 また、最前線で貢献してくださっている医療従事者、介護従事者の皆様に心より感謝申し上げます。

われわれエンタテインメント業界においてもコロナの影響は深刻で大きなダメージ受けています。そんな中、昨今のライブストリーミング市場の盛り上がりは、ひとつの希望であるのではないかと考えております。

この度、弊社所属のアーティスト、山下達郎がMUSIC/SLASHにおいて、映像配信を行う事となりました。これまで山下達郎のライブ映像はシアターライブという形で上映された以外は、世の中に出しておりませんでした。

映像配信は私共にとっても大きな決断と挑戦になりますが、日頃、山下達郎を応援してくださっているファンの皆さまはもちろんのこと、山下達郎の音楽によって少しでもこの鬱々とした世の中に明るいニュースをお届けできることをプロダクションとして本当に嬉しく思っております。是非、今回の配信をお楽しみください。

■谷田光晴(MUSIC/SLASH 企画・運営 株式会社SPOON 代表取締役)コメント

ミュージシャンのための動画配信プラットフォームを作ると決めて、MUSIC/SLASHを立ち上げましたが、初配信が1ヶ月遅れましたことを、お詫び申し上げます。私たちは偏に音楽を配信するために必要なことを本質的に追求してまいりました。音楽をただ流せれば良いということではなく、ミュージシャンの皆さん、そしてあらゆる関係者の皆さんと新しいビジネスモデルを作り上げることを第一に考えてシステム、サービスを作ってまいりました。

そのためには、これまで曖昧になっていた権利処理の問題や、配信セキュリティなどを整備し、ミュージシャンの皆さんに安心して使ってもらえるサービスをと、開発チーム一丸となって作り上げてまいりました。この度、光栄なことに山下達郎さんに私たちの思いの詰まったサービスMUSIC/SLASHの「こけら」を落として頂けることになり、本当にありがたく思っております。視聴者の皆さんには、心から「音楽」を楽しんで頂ければと思っております。

このニュースに関するつぶやき

  • 始まる寸前に雨が降り始めたために 予定曲を総取っ替えして バラードをはずしファンクとロックだけをぶちかました 伝説の氣志團万博 遂に映像解禁
    • イイネ!3
    • コメント 1件
  • 絶対に見る!SSBで流してる「PAアウトでございます。」ですら音質が良いし、アルバム収録よりもライブ演奏の方が数十倍カッコイイもん!
    • イイネ!10
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(11件)

あなたにおすすめ

ニュース設定