中国ではなぜ漢服を着ると笑われるのか「日本では和服姿で笑われることはないのに」

55

2020年07月10日 05:22  サーチナ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サーチナ

写真中国メディアは、「日本では和服姿で街を歩いても笑われることはないが、中国ではなぜ漢服を着ていると笑いものになるのか」という疑問を投げかける記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
中国メディアは、「日本では和服姿で街を歩いても笑われることはないが、中国ではなぜ漢服を着ていると笑いものになるのか」という疑問を投げかける記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
 日本と中国ではともに民族衣装と呼べる服が存在するが、その服を日常的に着用することに対する見方は日中で大きく異なるようだ。着ることについて日本人と中国人の見方は大きく異なるようだ。中国メディアの捜狐は6日、「日本では和服姿で街を歩いても笑われることはないが、中国ではなぜ漢服を着ていると笑いものになるのか」という疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、中国のネット上で以前、「日本では和服姿で街中を歩くことに何の違和感も持たれないが、中国では漢服を着ていると笑いものになるのはなぜか」という疑問が提起されたと紹介し、これは「日中の文化と、中国で漢服を着る人の着方が関係している」と主張した。

 続けて、日本ではファッションを個性として尊重する寛容な文化があるとし、それゆえ「日本では人が何を着ていても奇異な視線を向けられ、笑いものになることはない」と主張。また、和服は「正装として高級な衣装と同じように扱われているので、和服を着ていて馬鹿にされることはあり得ないのだ」と説明した。

 一方、中国で大半を占める漢族の伝統衣装「漢服」を着ることで周囲から笑われるというネット上の指摘については誤解があるとし、「漢服を着る人に向けられる視線は、髪を奇抜な色に染めたり、タトゥーをする人に対して向けられる奇異の視線と同じ」なのであって、中国では保守的な人が多いからこそ注目されるのだと主張した。

 さらに、中国で近年見られる「漢服を着る一部の若者」が好意的な印象を持たれないのは、「彼らが着るのは正式な伝統衣装ではなく、安価な素材を使って現代風にアレンジされた漢服だから」と指摘し、正装である和服に対し、中国で今着られている漢服は正式なものではないがゆえに笑いものになるのだと論じた。

 日本で和服は冠婚葬祭の際にも着用される正装とされ、着物で参列する祝祭行事や文化も多く残されている。こうした文化の有無も中国の状況とは大きく異なっているといえるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

このニュースに関するつぶやき

  • 自らの手で自らの歴史と文化を否定した文化大革命が原因だ。
    • イイネ!3
    • コメント 1件
  • 中国人は背広を着てても笑われるけどね(笑) ビジネスマン(オフィスワーカーではない)でも、結婚式でも、背広を着ている人少ないからね。ほぼ普段着(笑)
    • イイネ!21
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(37件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定