やかんに入れたスポーツドリンクで食中毒発生 厚労省も「水筒などに入れると危険」

28

2020年07月10日 11:31  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(Akkalak/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
(Akkalak/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
(Akkalak/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

学校の部活動も本格化し、また暑い季節になったことで、スポーツドリンクを飲む機会も多くなった。そんな中、やかんに入ったスポーツドリンクを飲んだことで食中毒が発生。しらべぇ取材班は、発生した大分県の担当課から詳しく話を聞いた。

■自家製イオンドリンクで食中毒に

大分県食品・生活衛生課によると、6日午後2時30分頃、臼杵市内の福祉施設から大分県中部保健所に「当施設で調製したスポーツドリンクを飲んだ施設利用者が、おうと・はきけの症状を呈している」との届出があったため、同保健所は直ちに調査を開始した。

調査の結果、施設が市販の粉を混ぜて作った自家製イオンドリンクから銅が検出されたため、銅による食中毒と断定。

関連記事:エコバッグが原因で食中毒の危険も… 農林水産省が注意呼びかけ

■原因物質は銅

(画像提供:大分県食品・生活衛生課)

スポーツドリンクを飲んだのは、77歳から95歳までの13名で、全員から吐き気、おうと、下痢などの食中毒症状が現れた。食中毒の原因は銅で、ドリンクの残品から1リットルあたり、200mgの銅が検出され、使用したやかんからも微量が見つかった。

銅は、水道水にも微量含まれているが、一人あたり20mg以上を摂取すると、中毒症状を呈するという。

■やかんにスポーツドリンクは危険

食品・生活衛生課は、やかんにスポーツドリンクを入れることは危険だと警告している。やかんやポットなど、水を高温で沸騰させるものには、水あかがつく。この水あかには銅などの物質が含まれている。

今回は、酸性のスポーツドリンクを入れたことで水あかが取れて、実際に飲んだものに混入してしまったそうだ。

ヤカンに入れたスポーツ飲料を飲んだことによる銅食中毒が発生しました。金属製の容器(ヤカンや水筒)は酸性の飲み物と反応し、金属が溶け出すことがあります。金属製の容器にジュースやスポーツ飲料を入れる時は、注意書きをよく確認しましょう!#銅 #食中毒

— 厚生労働省食品安全情報 (@Shokuhin_ANZEN) July 8, 2020

今回の事態を受け、厚生労働省も緊急に、ツイッター上で、注意喚起している。

■電気ポットなどは定期的に洗浄

家庭などで使う電気ポットなどは、市販のポット用洗浄剤で定期的に洗うことが大事だという。メーカーは、1ヶ月ごとの定期洗浄を推奨している。

ポット用洗浄剤は、イオンの力で水洗いや洗剤では落ちないポット特有の汚れを落とし、かつ強い発泡力でポット内部を全体的にキレイにするという。

■ペットボトルのままで使用を

また、部活動などで、やかんや水筒にスポーツドリンクを入れて使用することは、危険をともなう。今回のように銅成分が混入する可能性と、さらに、水アカを落とすために、強くこすることで傷ができて、そこから金属成分が中身に混入する恐れがあるからだ。

スポーツドリンクを練習や大会などで使用する際には、ペットボトル容器のまま、クーラーボックスに保冷剤や氷を入れて保管することがベストだという。

・合わせて読みたい→食中毒予防「3原則」 農水省が警鐘するコロナ禍で起きやすい食中毒とは

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

このニュースに関するつぶやき

  • 思い至らない時点で頭悪すぎ
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 銅は適度ならお酒とか美味しくするけど…これはなかなか予想出来んレベルと思うかな。知る機会…他山の石に出来たら良いな…かなぁ。
    • イイネ!12
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(21件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定