結局、利用されて消耗するだけ…「愛がない人」を見抜く方法

1048

2020年07月10日 22:22  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真どんなに魅力的に見える相手であっても、相手に思いやりや愛がない人であれば、恋愛に限らず、友達付き合いも止めておいた方がいいもの。「思いやりや愛がない人」には、どんな特徴が?
どんなに魅力的に見える相手であっても、相手に思いやりや愛がない人であれば、恋愛に限らず、友達付き合いも止めておいた方がいいもの。「思いやりや愛がない人」には、どんな特徴が?

「思いやりや愛がない人」にひっかかっていない?

どんなに魅力的に見える相手であっても、相手に思いやりや愛がない人であれば、恋愛に限らず、友達付き合いも止めておいた方がいいもの。大人になっても精神が成熟していない子供おばさん(子供おじさん)は、相手のルックスや肩書きなど、上っ面の魅力ばかりにひっかかってしまい、心無い相手と付き合って、イタイ目に遭いがちです。

「思いやりや愛がない人」には、どんな特徴があるのでしょうか。

1:損得勘定で動く

損得勘定のある人は、自分の社会的地位、評判を上げる相手を望んでいることが多いので、人付き合いでは、「相手がどれだけのステータスを持っているのか」で、付き合おうか決めることが多いものです。

つまり、「自分にとって役立つ人、役立たない人」を瞬時にジャッジするのです。だからこそ、相手が自分にとって役立たなくなると、今まで仲良くしていたにもかかわらず、急に関係を絶つこともあるでしょう。「好き、嫌い」といった感情で動かないので、人との付き合いがドライなのです。

相手がどんな人なのかは、「どんな友達と、どんな付き合い方をしているのか」で見えてくることもあります。

もし社会人になってから知り合った仕事関係者だけでなく、学生時代からの友達や近所の人など、エリートだけでなく、さまざまな職種の人たちと利害関係なく付き合っているような人であれば、信用できます。そういう人は、シンプルに「気が合うから付き合う」ということができる人なのです。

2:人によって態度を変える

本当に優しい人というのは、誰に対しても優しいものです。思いやりがある人というのは、心根が優しいので、どんな人に対しても、親切な言動をします。

例えば、“お客様”という立場になったときに、従業員に対して、どんな態度をとるのかは、見ておくといいでしょう。優しい人は、どんな立場の人に対しても、礼儀正しくて優しい言動をとれるのです。

だから、人によって態度を変え、失礼なことをするような人は、いくらあなたに対しては優しくても、本当の意味で優しい人ではありません。そういう人は、あなたに対しても付き合うメリットがなくなると、手の平を反すような冷たい言動をとることがあるので、気を付けたほうがいいでしょう。

3:“保身”を最優先にする

人を愛するというのは、「“ありのままの相手”を受け止め、成長を願うこと」です。相手が間違った道に進みそうなときは、嫌われる覚悟できちんと止めることも愛情です。

逆に、嫌われるのが嫌だからといって、相手が堕落していても放っておくような人は、相手に対して愛情があるとは言えません。

世の中には、“一見、いい人”というのがいます。そういう人は、相手が悪いことをしても、見て見ぬふりをしたり、「しょうがないよね。人間だから」と受け入れたりしてしまいます。

そういう人はあなたのことを否定しないので、付き合いやすいものではありますが、その人が抱いているものは、愛でも何でもありません。単に注意するのが面倒だったり、嫌われたくなかったりするだけのことなのです。

4:思想が自己中心的

愛がない人は、思想が自己中心的なので、相手の立場に立って物事を考えることができません。だから、自分が快適になるために相手を利用しても、それがひどいことだという認識もありません。相手の気持ちを想像することができないのです。

だから、例えば、浮気でも不倫でも、都合のいい関係でも、相手を悲しませる行為であるなんてことは考えもせず、平気でできてしまうのです。

ある意味、自分のことでいっぱいいっぱいで、相手の気持ちまで考える余裕のない人だとも言えるでしょう。

愛のない人からは、離れよう!

愛のない人は、自分のメリットのために、あなたを利用できるだけ利用します。恋愛でも友人関係でも、愛のない人と関わると消耗することが多いのは、そのためです。だから、離れたほうがいいのです。

でも、子供おばさん(子供おじさん)は、相手のルックスや肩書きなど、上っ面の魅力ばかりにひっかかってしまい、心無い相手と付き合ってしまいます。そこに隠れているのは、「劣等感」です。

だから、相手の人間性や、「好き、嫌い」という感情を抜きにして、「こんなスゴイ人と付き合いたい。そうしたら、自分のステータスが上がる」と考えて、付き合ってしまうところがあるのです。つまり、愛のない相手も、逆にそういう人に引っかかってしまう人も、似た者同士なところもあるのかもしれません。

人を見る目を持つことは、大事なことです。そのためには、人として大切なことは何かをきちんと理解しておかなくてはいけません。愛のある人とお互いに思いやれるような関係を築きたいものですね。
(文:ひかり(恋愛ガイド))

このニュースに関するつぶやき

  • そんな余裕も無かったりして。品定めしてる余裕がもうない
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 愛がなんだかわかってないのに。それよりも「ありがとう、ごめんなさい、すみません、お願いします」が言えないやつからは離れろって言ったほうが早い。これ言えないやつはまともじゃない。
    • イイネ!451
    • コメント 12件

つぶやき一覧へ(570件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定