森山直太朗、詩人・作詩家の御徒町凧の“書いた記憶のない詩”にメロディを付けた話題曲を配信リリース

0

2020年07月11日 10:30  M-ON! MUSIC

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

M-ON! MUSIC

写真掲載:M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■森山直太朗の新曲「すぐそこにNEW DAYS」は、ビッグバンド調で華やかに初演されたツアーのアレンジから一転して、疾走感溢れるブルーグラスアレンジに!

【画像】森山直太朗「すぐそこにNEW DAYS」ジャケット写真

森山直太朗が、7月17日に新曲「すぐそこにNEW DAYS」を配信リリースすることを発表。森山直太朗Instagram/Twitterスタッフアカウントにて同曲のティザー映像が公開された。
「すぐそこにNEW DAYS」は、2018年10月から2019年6月にかけて開催された「森山直太朗コンサートツアー2018〜19『人間の森』」(全51公演)の直前に完成し、初演された楽曲。御徒町凧が“書いた記憶のない詩”として発掘され、そのナンセンスさに共鳴した森山がメロディをのせて生まれた。

ツアー後もあたため続け、今年初めにレコーディング。5月末からのブルーノート&ビルボードライブにあわせて配信リリースする予定だったが、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い公演が延期となり、楽曲のリリースも合わせて延期となった。

そんな世界的混乱のなか、新曲「最悪な春」が生まれ、5月中旬に自身のインスタライブで披露。“今”この曲を届けたいという強い想いのなか、ギター1本での弾き語りでレコーディング、同月29日に配信リリース。

決して歩みを止めずに音楽を作り続けた日々を経て、「すぐそこにNEW DAYS」が配信リリースされることが決定した。

ビッグバンド調で華やかに初演されたツアーのアレンジから一転、ギター、フィドル、チェロ、バンジョー、ピアノの編成で奏でられる、抜けの良さと軽快かつ疾走感溢れるサウンドが印象的なブルーグラスアレンジに。ブルーグラスや古き良きアメリカの音楽は、森山にとっての音楽的ルーツでもあり、それはジャケット写真を使用したティザー映像にも表現されている。

リリース情報
2020.05.29 ON SALE
DIGITAL SINGLE「最悪な春」

2020.07.17 ON SALE
DIGITAL SINGLE「すぐそこにNEW DAYS」

「すぐそこにNEW DAYS」配信URL
https://lnk.to/newdays

森山直太朗 Instagram スタッフアカウント
https://www.instagram.com/moriyamanaotaro_staff

森山直太朗 Twitter スタッフアカウント
https://twitter.com/naotaroofficial

森山直太朗 OFFICIAL WEBSITE
http://naotaro.com/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定