炎が迫るバルコニーで放り投げられた3歳児、元フットボール選手が見事キャッチ(米)<動画あり>

2

2020年07月11日 17:52  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真3歳児を見事キャッチした元フットボール選手(画像は『The Sun 2020年7月9日付「CATCH OF A LIFETIME Incredible moment hero catches toddler thrown 30ft from burning building by mum」(Credit: ABC7)』のスクリーンショット)
3歳児を見事キャッチした元フットボール選手(画像は『The Sun 2020年7月9日付「CATCH OF A LIFETIME Incredible moment hero catches toddler thrown 30ft from burning building by mum」(Credit: ABC7)』のスクリーンショット)
アメリカのアパートで火災が発生し、バルコニーに追い詰められた母親が3歳の息子を地上にいる男性めがけて放り投げた。その瞬間、元フットボール選手だった別の男性が現れて無事に男の子をキャッチした。しかしその後、母親は部屋に残された娘を救出するために戻り、娘は助かったものの母親は亡くなってしまったという。『The Sun』『Mlive.com』などが伝えた。

【この記事の動画を見る】

今月3日、米アリゾナ州フェニックス市のアパートで火災が発生した。友人の部屋にいたフィリップ・ブランクスさん(Phillip Blanks、28)は「火事だ」という叫び声を聞き、裸足でアパートの外へ飛び出した。

外からアパートを見上げると、大きな炎と煙に包まれたバルコニーに親子の姿があった。のちにレイチェル・ロングさん(Rachel Long、30)と3歳の息子だったことが分かったが、目撃者によるとこの時点でレイチェルさんの身体に引火しており、緊迫した状況だったという。バルコニーの真下では男性が待機しており、子供をキャッチするのを待ち構えていた。

フィリップさんは下にいた男性が受けとめることができないかも知れないと直感で判断し、子供が落とされる瞬間に走り出して間一髪で男の子をキャッチした。


その瞬間について、フィリップさんは「一瞬の出来事だったのではっきりとは覚えていません。キャッチしようと走り出した時にはその男の子しか見えていませんでした」と明かしている。

実はフィリップさん、元アメリカ海兵隊員で現在はボディガードとして働いている。高校時代にはフットボール選手として活躍しており、日々のトレーニングやボールをキャッチする経験が功を成したようだ。「まさに私のやるべきことでしたね。キャッチの仕方も分かるし、何より人を助けることが私の仕事です」とフィリップさんは語っている。

なおフィリップさんが男の子をキャッチした後、現場にいた人々が「あなたも飛び降りて」とレイチェルさんに向かって叫んだが、部屋に取り残された娘を助けるためにレイチェルさんは再び炎の中に飛び込んでいった。現場を通りかかった人がドアを蹴破って8歳の娘を助けたが、残念ながらレイチェルさんは変わり果てた姿で見つかったという。

8歳と3歳の姉弟は重傷の火傷で入院しているが、回復に向かっているそうだ。火事の原因については現在調査が進められている。



画像は『The Sun 2020年7月9日付「CATCH OF A LIFETIME Incredible moment hero catches toddler thrown 30ft from burning building by mum」(Credit: ABC7)』『12NEWS.com 2020年7月8日付「WATCH: Marine catches 3-year-old dropped from burning apartment in Phoenix」(Credit: Jason Long)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

このニュースに関するつぶやき

  • 母の子供を想う気持ちは偉大。日本の毒親に聞かせてやりたいわ。合掌。
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • 母の子供を想う気持ちは偉大。日本の毒親に聞かせてやりたいわ。合掌。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定