中日投手陣大炎上…勝野3回途中6失点、三ツ間1回4失点、鈴木博2回6失点

22

2020年07月11日 18:31  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真中日・勝野昌慶
中日・勝野昌慶
● 中日 4 − 19 広島 ○
<5回戦・ナゴヤドーム>

 中日は投手陣が崩れ今季ワーストの19失点。大勝の広島と入れ替わり再びリーグ5位に後退した。

 中日の先発は今季初登板の2年目・勝野。ウエスタン・リーグで防御率0.96をマークし満を持しての一軍昇格だったが、初回、先頭のピレラにいきなり先頭打者弾を浴びた。2回は一死満塁のピンチを無失点で凌いだものの、3回は先頭から5連打を食らい一気に3失点。1−4と3点ビハインドで降板した。

 なおも無死一、二塁のピンチでリリーフした三ツ間だったが、こちらも一死後、3連続適時打を浴びるなど大炎上。中日は3回だけで11被安打9失点を記録してしまい、勝野は3回途中8安打6失点で今季初黒星を喫した。

 3番手の佐藤はテンポ良く2回をパーフェクトで終えたものの、4番手の橋本は2イニング目の7回に捕まり2回3失点。5番手の鈴木博は8回に一挙6点を失い、投手陣は今季ワーストの23被安打19失点を記録した。

 打線は10安打を放つも、得点効率が悪く4得点止まり。6回には足を痛めた高橋が途中交代するなど、本拠地で良いところなく敗れた。

このニュースに関するつぶやき

  • 打線がどれだけ頑張ってもここまで打ち込まれたらやる気無くすよ なんというかもう・・・もう少し投手の使い方というかなんというか・・・
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • でも、カープは、1〜2回の勝野を攻略できず、ランナー貯めてはあと一本出ないってのが続いた。
    • イイネ!30
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(10件)

あなたにおすすめ

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定