【やさしい世界】飼い主さんの歌声にうっとりするミニロバがかわいい〜! 今にも「ねんね」しそうな表情に癒やされます

1

2020年07月11日 22:02  Pouch[ポーチ]

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Pouch[ポーチ]

写真写真

アメリカ・オハイオ州のMr. Donker Donksさんは、たくさんのミニロバたちと農場で暮らしています。

ミニロバたちがかわいくて仕方ないのか、我が子のように接しており、抱っこしている映像をたくさんツイッターにアップしています。

中でも癒やし度が高いのが、抱っこしながら歌を歌ってあげている映像です。最初から最後まで、なんてやさしい世界……!

【癒やし度が高すぎて眠たくなってくる…】

ミニロバを膝に抱き上げ、顔をじっと見つめながら歌う楽曲は、ジャッキー・デシャノンによる往年のヒット曲『What the World Needs Now Is Love(世界は愛を求めている)』です。

やさしいメロディーと、ゆっくりとささやきかけるような歌声が耳に心地よく、思わずうっとり。ミニロバも終始うっとりした表情を浮かべていて、とっても幸せそうです。

あまりにも心地よすぎて眠くなってきたのか、ミニロバは目をしょぼしょぼとさせ、 “おねむ” な表情を見せています。そんな顔されたら、こちらまで眠たくなってきちゃうじゃないの……スヤァ……。

【こんな時代だからこそ胸に沁みます】

穏やかな愛に包まれた映像は話題を呼び、世界中の人を癒やしているよう。ツイッターでは

「なんてスイートなの」
「愛を感じました」

といったコメントが寄せられています。映像には

「This is what the world needs(これが世界が必要としているものだ)」

という一文が添えられているのですが、まさしくそのとおり!

暗い話題が多いときだからこそ、やさしい世界に触れたくなるもの。みるみる温かい気持ちになれるので、ぜひご覧になってみてください♪

参照元:Twitter @mrdonkerdonk
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連ツイートはこちら

    あなたにおすすめ

    ニュース設定