「裸の日光浴や騒音に我慢できず…」 隣家の高齢女性を殺害した男が逮捕

6

2020年07月12日 06:01  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(Jack/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
(Jack/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
(Jack/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分の敷地にいる以上、何をしようが誰にも文句を言われる筋合いはない。そう主張して全裸で日光浴を楽しむなどしていた高齢者が、隣人に殺害された。

■全裸での日光浴

米国・ラスベガスで暮らしていた71歳の女性は、裸で庭に出て日光浴を楽しむのが好きだった。

低い壁の向こうで暮らす男は、たびたび全裸で庭に横たわる女性を目にして辟易。これが一因となり隣人関係は悪化し、近くで暮らす人々は男が「服を着ろよ!」と叫ぶ声を、何度も聞くようになった。

だが、女性はこれを苦情ではなく嫌がらせと考え、友人たちには「隣りで暮らす男に悩まされている」と相談していたという。

関連記事:4年も続いた隣人トラブル ある一家が受けた壮絶な嫌がらせが怖すぎる

■騒音トラブルも

女性は社交的で、たびたびゲストを招待してはパーティーを満喫。音楽をかけ踊るなどして騒いでいたといい、男はその騒音にも悩まされるようになった。

何度か警察に連絡して「どうにかしてほしい」と伝えてあったが、解決には至らなかったという。そのうち被害状況を記録するためか、男は女性らの様子を撮影するようになった。

これに気付き不安を覚えた女性は、より多くの友人を家に集めるようになり、男をさらに苛立たせた。

■殺人事件発生

何度言ってもやめてもらえない全裸での日光浴、さらに騒音問題もあって女性に腹を立てていた男は、6月25日にも低い壁越しに隣人を注視。すると女性の恋人(54)が激高して怒鳴りつけてきたため、ついにキレた男は所持していた銃をふたりに向けて次々と発砲。

隣人とその恋人の息の根を止めた。10年以上も続いたという隣人トラブルは悪化する一方だったといい、和解することは最後までなく、最悪な形で終わりを迎えた。

■遺族の怒りは大きく

女性の遺族は突然の出来事にショックを受けると同時に、凶行に及んだ隣人を痛烈に批判。「自分の家・敷地で何をしようが自由でしょうに…」などとメディアに語り、怒りをあらわにした。

日本でも、「隣人が半裸で近所をうろついて困っている」「家の中で裸になるのはいいが、こちらにも丸見えで不愉快」といった悩みを抱える人は多いという。「自由も確かに大事だが、エチケットも大事」という声も出ているが、殺害にまで至ってしまった男の罪は大きい。

・合わせて読みたい→花火に手を吹き飛ばされた少年 「事故は誰にでも起こりうる」と家族が警鐘

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

このニュースに関するつぶやき

  • 女性が71歳でなく17歳ならノークレーム w ところで女性の恋人が54歳とかワロタ w
    • イイネ!3
    • コメント 5件
  • 女性が71歳でなく17歳ならノークレーム w ところで女性の恋人が54歳とかワロタ w
    • イイネ!3
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(4件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定