『ハイキュー!!』東峰旭が頂で見た景色 エースとしての責任感と弱さの肯定

0

2020年07月12日 08:01  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真写真

 バレーボールに青春をかける高校生たちを描く『ハイキュー!!』。今回ピックアップするのは烏野高校の主砲・3年の東峰旭だ。


関連:【画像】烏野の仲間と一緒に表紙を飾った


 身長は186.4cm、ポジションはウィングスパイカー。パワーは烏野随一。中学時代から注目されており、「西光台の東峰」と恐れられてもいた。


 しかし、そんな彼の姿は初回で見ることはできない。ある理由から、バレー部を休部していたからだ。長髪にヒゲとワイルドな見た目ながら、繊細で優しいハートを持つ東峰旭。そんな彼が真の羽化を遂げるまでを追う。


■潰されたエースとしての自信


 エースとしてチームの中心で活躍していた東峰。身長も大きくパワーもあり、守備もできて難しいボールでも決めてくれる。正セッターであった菅原も頼っていたし、チームが信頼していた。


 しかし、ブロックに定評がある伊達工業高校との試合で徹底的にマークされ、スパイクはどれもシャットアウトされた。東峰はトスを呼べなくなった。ブロックを打ち砕くスパイクのイメージが見えなくなり、シャットアウトされるかそれにビビッて自滅する自分の姿が頭をよぎる。


 ボールを託されたエースがスパイクを決めなければ、試合には勝てない。勝つための1点が取れない。試合後、トスを呼べない自分、諦めてしまった自分はもう部活にいる資格がないと、東峰はバレー部に顔を出さなくなってしまう。


 それを変えたのは、主人公・日向の存在だった。エースに憧れる日向は、東峰の存在を知り、3年生の教室に会いに行くことに。身長もパワーもある東峰を羨ましく思う日向のまっすぐな眼差しに、東峰もスパイクを打つ瞬間の魅力を思い出していく。東峰は、たくさんブロックされてきたが、それよりももっといっぱいのスパイクを打ってきた。


〈「だから皆――アサヒさんを“エース”って呼ぶんだ」〉


 エースに夢を抱いているだけでまだ雛鳥だった日向の言葉が、東峰の足を体育館へと向かわせた。東峰が復帰したのは鳥養コーチが見学にやってきたときのこと。久しぶりにコートに立ち、実感する。


〈「やっぱりここが好きだ」〉


 しかしどうしても、ブロックされたときのことが頭をよぎる。でも同チームの菅原・西谷の言葉が東峰の背中を押す。


〈「壁に跳ね返されたボールも俺が繋いでみせる」
「だから、もう一回トスを呼んでくれ」〉


 菅原があげたボールを、東峰は打ち切る。リベロが拾い、セッターがボールを上げて、ようやくスパイクが打てる。1人で戦っているのではないと改めて気がついた瞬間、烏野のエースは復活を遂げたのだ。


■気弱なエースの成長


 見た目はワイルドなのに繊細な東峰は、キャプテン澤村から「ひげちょこ(ひげ+へなちょこ)」などと言われている。


 春高予選でも緊張して気分が悪いと弱気な部分を見せていたが、自分のボールを無意識のうちに奪おうとした日向に対して、自分がエースだと気迫を見せつけるシーンもあり、少しずつだが変化を見せていた。急成長を遂げる日向の傍らで東峰もまた成長を続けていたのだ。


 覚醒前の月島は、春高予選前の夏合宿時に東峰に日向についてこんな質問を投げかける。


〈「嫌じゃないんですか? 下から強烈な才能が迫ってくる感じ」〉


 日向が日に日に成長するのをひと一倍感じるとしつつも、東峰は「でも俺は負けるつもりはないよ」と言い切る。エースとしての覚悟が強くなっていたのだ。


 春高予選決勝、白鳥沢戦のファイナルセットでは、スタメンに入り緊張している菅原に対し「迷ったら俺に集めればいい」とエースらしい言葉をかけている。「頼もしいな、エースかよ」という菅原のツッコミに対して「エースだよ!」と返しているのも感慨深い。


 しかし、元来の優しい部分(気弱な部分とも言うかもしれないが)がなくなったわけではない。ミスでもないのに謝る癖はを、田中や影山から注意を受けている。澤村にも「確かに旭は何かミスる度この世の終わりみたいな顔すんのやめたほうがいいな」と言われている。人一倍落ち込む気質や、責任感が強いの性格は失ってしまった訳ではないのだ。


■自分を「肯定」し、自分を味方にする


 春高の対戦中にも東峰はエースとして成長を遂げる。リベロである西谷がサーブで狙われ、ボールを上げることができなかった稲荷崎戦。励まされてばかりだった東峰がこんな力強い言葉をかける。


〈「Aパスなんかなくても俺が決めてやる」〉


 自分の事でイッパイイッパイだから人を励ますのは苦手、という前置きをしてからの言葉だが、エースからこんなふうに言ってもらったら、奮起しないわけがない。東峰の頼もしい姿に、感動した読者も多かったのではないか。


 東峰の試練は、春高準々決勝だった。鴎台高校との対戦。エースの東峰はとことん相手ブロックから狙われる。「決めなければ」と思うほどブロックされ、失点となると東峰の気持ちは落ち込んでいく。そんな東峰の気持ちを切り変えたのが澤村と菅原だった。


 「100本中100本決められる選手なんていねぇ」と澤村が言えば、「調子のって凹んでんじゃねぇ」と菅原が背中を叩く。成長したと思っていても、東峰は毎回ちゃんと自分のプレーを反省して凹む。自分はダメな奴だとこの世の終わりみたいな顔をする。


 自信が持てない。仲間のことは信頼していても、自分のことは信頼できない。しかし、それでは目の前の相手を倒すことができない。そして、東峰は決意する。


〈「俺は今日、俺を味方にする」〉


 自分を味方にできていなかった3年間は辛かったのではないか。いや、そんなことはない。「仲間が重荷であった事があるか」という一言に、東峰の烏野でのバレー生活の全てが詰まっている。その一言れが鴎台高校との対戦、第2セットの中盤で放たれたということに涙が出そうだ。


 現在、東峰はバレーの道ではなく、アパレルデザイナーとなっていることが43巻で明かされている。自分を味方にすることができた東峰は、これから何があってもきっと大丈夫だ。


(文=ふくだりょうこ)


    前日のランキングへ

    ニュース設定