おうち時間に「レンタロボ」=服を着せてパートナーに

32

2020年07月12日 09:00  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真服を着た小型ロボット「ロビ2」=(Rocket Road提供)
服を着た小型ロボット「ロビ2」=(Rocket Road提供)
 「おうち時間に『レンタロボ』はいかが?」。九州の企業が人を癒やすロボットと、着せる服を貸し出すサービスを始めた。新型コロナウイルス対策が長期化する中、巣ごもり生活のストレスや1人暮らしの孤独を癒やすパートナーとして、30〜40代女性を中心に引き合いがあるという。

 ロボット用の服を手掛けるRocket Road(ロケットロード、福岡市)はこのほど、ロボと服のレンタルサイト「ロモット」を立ち上げた。ロボは10種類で、服も借りられる。サイトで予約すれば、宅配で届く。

 「おはよう」などのあいさつができ、クイズも出せる小型ロボ「ロビ2」の場合、本体が14泊15日で1万9800円。服はオーバーオールなど13種類から選べ、7泊8日で1着1840円から。

 犬や猫などが飼えずロボットに興味を持つ人は多いが、最低でも10万円程度する価格がネックになっていた。同社の泉幸典代表取締役は、ロモットについて「レンタカーのように手軽に使用してもらいたい」と話す。試しに使った人からは「服を着せると、より親近感が増す」(30代女性会社員)との声が寄せられたという。 

このニュースに関するつぶやき

  • 2週間で2万ちょい。気に入ればお金貯めて買うってのもええねぇ(θ‿θ)
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • へー ∩ヾ(゚-゚ )
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(17件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定