パパにもイヤイヤ!保育士に聞く「魔の2歳児」賢い対処法

107

2020年07月12日 10:42  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
育児が始まってから一年の怒涛の忙しさを乗り越えた親たちが次にぶつかる壁の一つに「イヤイヤ期」がありますよね。

イヤイヤ期でもうまくいく!保育園でも実践「トイレトレーニングのコツ」

「本当に嫌なの?」とイライラする反面、いうことを聞いてくれない我が子に「親として情けない」という気持ちになってしまうことも。

保育士に聞いたイヤイヤ期の正しい対処法と、パパへのイヤイヤへの対処法も紹介します。

■子どものイヤイヤ期はどうして起こる?

子どものイヤイヤ期がなぜ怒るのか認可こども園の保育士に話を聞いてみました。

――なぜ子どものイヤイヤ期は起きてしまうの?

Mさん「自我の芽生から相手から言われたことをやるというより“自分の主張をやってみたい”という気持ちが出てきたり“自分で決めたい”という気持ちが出てくるみたいですよね」

――イヤイヤは保育士の人も精神的に辛いことがあると思うのですが、どうやって対処しているんですか?

Mさん「選択肢を与えて、自分で決められるようにしたり、一度その子の気持ちを受け止めてあげられるといいですね。

――つまり「右と左どっちがいい?」みたいに複数の選択肢を用意して、子どもに選ばせるということですね!

Mさん「そうですね。ママが全部決めてしまうのではなく、あらかじめ親が考えた選択肢を子どもが選びとる感じがいいと思います。

イヤイヤ期の時期は、やりたい気持ちも出てくるのですが、まだ言葉がうまく出てこない子も多いものです。そうした、もどかしさから子ども自身も”いや”という簡単な言葉でしか気持ちを表せません」

――親の認識の「イヤ」と子どもの思う「イヤイヤ」は違うということですよね?

Mさん「そうですね。イヤと思って言ってるわけではなくて“本当はこうしたい”というのをうまく説明できないだけで“いや”というしかなかったり(笑)。そんな子どもの気持ちをうまく汲み取れるような声かけがいいですね」

■伝えられない本音?

親の認識の「嫌」というのは、どちらかというと「拒否」のイメージに近く、子どもが断固拒否してくることで辛くなってしまう親も多いでしょう。

実は、その「イヤイヤ」には子どもが伝えたいけれど伝えられない本音が隠されているのかもしれませんね。「イヤ」は、自分の意思を言葉にして伝えるより言いやすいだけで、子どもはそんなに悪気がないこともあるのでしょうね。

しかし、そこで親がヒートアップして怒ってしまえば、子どもはさらに「なんでママとパパは怒ってるの?」と悲しくなって、今度こそ本当の「嫌」になってしまいそうですよね。

■パパにもイヤイヤする時の対処法

我が子に「イヤイヤ」されると、ママも参ってしまいますよね。そこは同じ親として「パパにもわかってほしい」と感じるのではないでしょうか。しかし、子どもがパパも嫌がる場合があり、これにはパパの心も折れてしまうことも……。

パパにイヤイヤするときの対処法を知りつつ、ママの負担も軽減できるようになれると良いですよね。

■パパとママで遊ぶ

子どもは「楽しいこと」が大好きです。「この人といると楽しい」と思う人であれば、人懐っこいのが特徴です。祖母や祖父だって、久しぶり会うのにルンルンしている子どもをみたことがあるでしょう。楽しいことがあるとわかれば子どもも学習します。

まずは、パパとママの3人で遊ぶことから慣れてみては。パパがイヤイヤされて挫けてしまう場合は、子どもが今どの段階の発達状況にいるのかを説明できるといいですよね。

「誰かがみててくれている」という安心感で、ママは精神的にも楽でしょう。

■パパにイヤイヤ期をわかってもらう

まだまだ新米パパとなると、我が子のイヤイヤ期をうまく受け止められないこともあるでしょう。「そんなわがまま言わないの」など怒りすぎてしまうこともあるでしょう。

パパにイヤイヤ期の正しい知識を教えてあげられるといいですね。

パパと接すると「怒られる」と感じれば、イヤイヤ期でなくても苦手になってしまいがちですよね。そっと机上にプリントした育児書などを置いておくといいでしょう。

■ママがパパに「好き」と伝える

小さい子どもであっても「大好きなママが大好きな人」ということを理解できるものです。「ママ、パパのこと大好き」と口に出して伝えてみることで、子どももパパもニコニコ顔になるかもしれません。

大人であっても親しい友人が紹介してくれた人は「信用できる」と感じる人もいるでしょう。子どもも同じで信頼を寄せているママが好いているパパのことを嫌いになるはずはないです。

■イヤイヤ期の賢い対処法

イヤイヤ期の賢い対処法を探ってみました。

■安全な場所でイヤイヤをさせる

コップのお茶などをわざとこぼしたりするのは、大人からすると理解できないですよね。

しかし、子どもは「この先どうなるの?」と興味津々なだけなのです。まだまだイヤイヤ期でも生まれたての子どもは、目にうつるもの全てが新鮮で楽しいものなのです。

特に足腰もしっかりしてくる二歳児では、自分で身動きもとれやすく興味があるものに一直線です。

例えば、ママが困るいたずらを頻繁にされるのであれば、その先をあえて見せる機会を作れるといいですよね。

コップの水をこぼすのは、そのあとどうなるかが気になるからでママを困らせようとしているわけではありません。お風呂場などでコップに水を汲み、思い切り遊ばせてあげるといいですね。

■無言で見守る

子どものイヤイヤに大声を張り上げて「やろうよ!」というから、ママも疲れます。筆者にも経験があることですが、たいてい二歳児のしたいことに深い理由はないのに「なんでなの?」を追求するのは母子で疲弊するだけです。

ママが怒っていることに子どももパニックなることでしょう。

そして、親は子どもに対して大人気なく怒っている自分にもイヤになるのです。目を背けて、筆者の場合は「お好きにどうぞ」をしてから、ある程度本人に“なぜダメなのか”を自覚をさせます。

タイミングを計らって、「ほらね、ママの言ったとおりになった。だからダメなんだよ」と言うようになってから、イヤイヤ期が苦痛に感じなくなりました。

■他の楽しいことで意識をそらす

究極の嫌々から意識を背けられるようなおもちゃを隠し持っておくと安心です。いつも出ているおもちゃではなく、たまに出されるレア感があるおもちゃだといいですね。

お出かけ前などの急なグズリは、親にとって時間との戦いです。そんなときは、子どもの意識を「イヤイヤ」から離すことに注力しましょう。

筆者の場合は、そのときだけタブレット端末で動画を見せていました。普通の生活のなかでせがまれることがあっても「あれは魔法のおもちゃだから、今はママのところにないんだよ」と話すことで、子どもは意外と納得してくれました。

■おもちゃを使って理屈を説明する

子どもだと他人との関係性が確立できず、感情で人のことを叩いたりしますよね。親が注意しても「いや!」と言われてしまうとママは困ります。そんなときは子どもが大事にしているおもちゃを使って説明するのがいいでしょう。

筆者の場合は子どもが大事にしているおもちゃを使って説明しました。「今もしママが叩いたら、このぬいぐるみさんかわいそうだよね」と話します。「それに見ている〇〇くんもイヤな気持ちしない?」と説明するようにしました。

自分でダメなことやいいことのふん別を持てるように「なぜダメなのか」を説明しましょう。

イヤイヤ期な子どもに「ダメ!」と教えるのではなく、どうしてダメなのかを理解させたいですね。理屈を知りたがる、様々なことに興味を持つ時期だからこそ、その理由を教えてあげましょう。

■子どものイヤイヤ期は向き合い方を変えよう

子どものイヤイヤ期は自我の芽生の証拠です。赤ちゃんから幼児になるタイミングで誰しも通る道なのです。

子どものイヤイヤ期は、親が子どもとの向き合い方を工夫できるとストレスが減ることでしょう。

このニュースに関するつぶやき

  • イヤイヤ期が我慢できひんと、親はイライラで、子を殺めてしまう、こっちが嫌になるわ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ママがパパに「好き」と伝える ←これ新発想
    • イイネ!72
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(52件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定