56歳息子が80歳母親に性的暴行 逮捕を恐れて汚水処理槽に隠れるも…

23

2020年07月12日 17:51  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(PRImage/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
(PRImage/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
(PRImage/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

性欲を抑えられない鬼畜が起こす、性的虐待・暴行事件。なかには自身の母親や祖母を襲う者もいる。

■56歳息子が80歳母親を…

チリ・ビオビオ州ロス・アンヘレスのエル・アラモという町で、80歳の女性が息子に殴られ、性的暴行を受けるという事件が起きた。

被害に遭った女性本人が通報しており、エル・アラモ警察はその供述をもとに56歳の実の息子を容疑者として特定。氏名を明らかにしないまま捜索を開始した。

関連記事:危険ドラッグで錯乱か 64歳女性を性的暴行した30代男を逮捕

■警察に追われることを恐れ…

しばらく経ってから、被害者女性の息子は思わぬ場所で身柄を取り押さえられた。これまでにも複数の犯罪歴があり、警察に追われることを恐れ、「腐敗槽」と呼ばれる大型タンクの内部に身を隠していたのだ。

腐敗槽は、地中に埋め込むタンク型の生活排水・汚水の処理装置のこと。フランスで開発され、海外では普及しているという。

■悪臭漂う腐敗槽に身を隠す

警察と消防の隊員が協力し、なかなかの深さがある上に悪臭漂う腐敗槽に入って、男の体を引き揚げた。男はその際に顔面を負傷し、病院で先に治療を受けたという。

合意のない近親相姦でもあるこの性犯罪事件。しかし息子は事件当時かなり酒に酔っていたらしく、その認識があったのか否かについても、警察は厳しい取り調べを行っている様子だ。

■薬物の影響下でも同様の事件

男が実の母親に性的暴行を働くという事件は、今年5月にオーストラリアの西オーストラリア州でも起きていた。覚せい剤メタンフェタミンを摂取した息子が、異様な興奮状態の中で56歳の母親を3回も強姦。母親は骨盤を骨折する重傷を負って病院に運ばれた。

その法廷で、薬物の影響下という特殊な状況にあったと主張する被告の息子を、裁判官は「最低の悪魔」と呼んだ。犯行を薬物のせいにしてはならないと告げ、懲役17年の実刑判決を言い渡している。

・合わせて読みたい→幼児への痴漢疑惑で殺された父親 性暴行被害者だった実の娘は容疑者を支持

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

このニュースに関するつぶやき

  • 異常者ですが他人様を傷つけるよりは...。しかし生きて捕まるって何ともはや���顼�áʴ���
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 悲しいですね!赤ちゃんの頃は可愛いのに。
    • イイネ!24
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(18件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定