無印良品の充電式ハンディファンがスゴい 軽くて小さくてとにかく涼しい

1

2020年07月13日 05:31  しらべぇ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

暑い日の外出で活躍するハンディファン。マスク着用でますます暑く感じる今年の夏の必須アイテムになるかもしれない。そうした中、無印良品が販売している『充電式ハンディファン』(税込1,290円)が便利だったため紹介したい。

画像をもっと見る

■コンパクトで高機能

幅8.5×奥行き1.5×高さ15.7cmと手のひらサイズで70gほどとかなり軽量な作りでありながら、風量は三段階調節できる優れモノ。強風だとファンの音が若干気になるが、外で使用する分には問題なさそうだ。

稼働時間はフル充電時で弱風量が6時間・中風量が2時間・強風量が1時間ほど。

約2時間で充電はMAXに。パソコンなどのUSBコネクタと、ハンディファン本体の「マイクロUSB」を繋いで行なう。

「USB Type-C」で充電する機会が多い筆者にとってはここがややマイナスポイントだったが、とくに気にならないという人のほうが多数かもしれない。なお、充電しながらの使用は禁止とのこと。

関連記事:ユニクロ、マスクに負けず折りたたみ傘も神レベル 高性能すぎて他の傘に戻れない

■安全性にも配慮でとにかく涼しい

商品には専用のストラップが付属。本体に通すことで、首からぶら下げて使用することが可能だ。

強風量だとかなり涼しくて快適。夏場の外出時にこれがあるのとないのとでは、体感温度は大きく違いそう。

なお、ストラップは長さの調節が可能であり、強い力を入れて引っ張ると、安全のため連結部が外れる仕組みになっている。羽根を守るガード部分の間隔も狭いため、小さい子供でも安心して持たせられるだろう。

■ハンズフリーでも使用可能

そして、本体の角度を約45℃、約90℃、約120℃と調節できるため、ハンズフリーで使用することもできる。

ちょうど顎の辺りに風が来るので、マスクをしていて蒸れる部分に風が当たってくれるのが地味に嬉しい。

■卓上でも大活躍

また、卓上に置いて使用も可能。屋内の冷房があまり効いていない場所に行った際に活躍しそうだ。中風量であれば、音も気にせず使えるだろう。

また、滑り止めシールも付いているので、しっかりと固定してくれる。

■この夏の大本命アイテム?

使用してみての感想だが、かなり便利で優秀なアイテムといえる。ただ、先述のとおり「マイクロUSBでの充電」と、「風量調整」にはやや不満も。

ボタンを長押しすると強風量で電源が付き、そこからボタンを押すと中風量、そして弱風量と風量を調節できるのだが、弱風量の後にボタンを押すと電源が切れてしまう。

そうするともう一度長押ししないと電源が付かないので、風量調整をミスしてしまったときに少し不便だと感じた。弱風量の後にもう一度押すと強風量に戻る…といった仕様であればよかったのだが、さすがに高望みしすぎだろうか。それくらいしか欠点を挙げることがないほど優秀なアイテムといえる。

・合わせて読みたい→平愛梨の母親が仕掛けた巧妙なイタズラ 「どこで売ってるの?」と驚き

(取材・文/しらべぇ編集部・二宮 新一

    あなたにおすすめ

    ニュース設定