今田美桜、『親バカ青春白書』撮影をエンジョイ「大学生活みたいで楽しい」

0

2020年07月13日 08:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真新日曜ドラマ『親バカ青春白書』山本寛子役で出演する今田美桜 (C)日本テレビ
新日曜ドラマ『親バカ青春白書』山本寛子役で出演する今田美桜 (C)日本テレビ
 俳優のムロツヨシが主演を務め、女優の永野芽郁と親子役で共演する新・日曜ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系/8月2日より毎週日曜22時30分)より、永野演じるさくらの親友・寛子役で出演する今田美桜のインタビューが公開された。撮影現場について「学食のセットや、せりふが『学園祭』の話題だったりするのがすごく大学生活っぽくて、楽しいです」と語っている。

【写真】永野芽郁演じるさくら&今田美桜演じる寛子

 本作は、大学の同級生となったたった2人の「父と娘の親子」が、大学生活で絆を深める家族の愛の物語。福田雄一がオリジナル脚本の統括と演出を務める。ゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初主演となるムロが、娘が大好きすぎて娘と同じ大学に入学してしまった親バカなシングルファーザーで小説家の小比賀太郎、通称“ガタロー”を演じる。その大事な箱入り娘、小比賀さくら役を永野が務める。

 インタビューで今田は、撮影現場の雰囲気について「なかなか大変な状況ではありますが、ムロさんをはじめ、皆さんと楽しく撮影させていただいています。和気あいあいとしていますね」とした上、「私は大学に通っていなかったので、大学の雰囲気も楽しみの一つだったんですが、学食のセットや、せりふが『学園祭』の話題だったりするのがすごく大学生活っぽくて、楽しいです」と語る。

 初共演となるムロの印象は「勝手に楽しい方なのかなと思っていたのですが、やっぱり楽しい方で(笑)。いろんな話もしてくださいますし、すごくリラックスさせてくださいます」。

 自身の役どころについては、「寛子は、大学生活をとにかく楽しむっていうことをすごく考えている女の子。その中で変わった親子が(笑)お友達になって、その親子に振り回されるといいますか。純粋なさくらとすごく親バカなガタローに突っ込みながら、それをすごく楽しんでいますね」と語り、「さくらよりは強気な面もあると思いますし、『(恋愛の)勘が鋭いよ』と言うセリフもあるんですが人を良く見てる子だなぁと思います」と説明している。

 日曜ドラマ『親バカ青春白書』は、日本テレビ系にて8月2日より毎週日曜22時30分放送。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定