農作物の日照不足注意=東北南部3県―気象庁

57

2020年07月13日 18:30  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 気象庁は13日、東北地方南部の宮城、山形、福島3県では6月25日ごろから日照時間が少なく、雨量の多い状態が続いていると発表した。曇りや雨の日が多い状態は今後10日程度続く見通しで、農作物の管理に十分注意するよう呼び掛けた。

 6月25日から7月12日までの速報値では、日照時間は仙台市で平年比43%、山形市で44%、福島市で46%にとどまった。

 雨量は山形市が平年比180%の182.5ミリ、仙台市が138%の167.5ミリ、福島市が128%の142.5ミリとなった。 

このニュースに関するつぶやき

  • 毎日毎日本当に雨だわよ。1日中晴れた日なんていつ以来ないんだろう…福島は桃にも被害が出てるって行ってた。これから収穫なのにー
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 野菜の値上がりは覚悟してます。
    • イイネ!16
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(33件)

あなたにおすすめ

ニュース設定