『ジョーカー』抑えヴェネチア国際映画祭で男優賞受賞『マーティン・エデン』予告解禁

0

2020年07月13日 22:02  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『マーティン・エデン』ポスタービジュアル (C)2019 AVVENTUROSA ‐ IBC MOVIE‐ SHELLAC SUD ‐BR ‐ARTE
映画『マーティン・エデン』ポスタービジュアル (C)2019 AVVENTUROSA ‐ IBC MOVIE‐ SHELLAC SUD ‐BR ‐ARTE
 第76回ヴェネチア国際映画祭で最優秀男優賞を受賞した映画『マーティン・エデン』が、9月に公開されることが決定。予告編と日本版オリジナルポスターが解禁された。

【写真】“イタリアのアラン・ドロン”ルカ・マリネッリ出演『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』フォトギャラリー

 本作は、ハリソン・フォード主演で今年映画化された冒険小説『野性の呼び声』で世界的名声を獲得した、20世紀アメリカ文学を代表する作家ジャック・ロンドンの自伝的小説を、イタリア出身の監督ピエトロ・マルチェッロがイタリアを舞台に移して映画化。ヴェネチア国際映画祭での受賞のほか、第44回トロント国際映画祭プラットフォーム賞、第65回イタリア・アカデミー賞脚色賞を受賞した。

 主人公マーティンを演じたのは、“イタリアのアラン・ドロン”と称される俳優のルカ・マリネッリ。映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』(2015)での怪演で話題を呼び、先日7月10日に公開されたばかりのNetflix映画『オールド・ガード』ではシャーリーズ・セロン率いる特殊部隊の一員を演じるなど活躍中の俳優だ。2019年にヴェネチア国際映画祭ワールドプレミアで初披露された本作での全身全霊の演技で、ルカは『ジョーカー』のホアキン・フェニックスを抑えて見事最優秀男優賞を受賞した。

 貧しい船乗りの青年マーティンは、上流階級の娘エレナと出会い恋に落ち、文学に目覚める。作家になるという夢に向かい一心不乱に己の道を突き進むが、生活は困窮し恋人の理解も得られない。絶望にかられてすべてを諦めようとした矢先、彼の運命は一変する。果たして彼を待ち受けるのは希望か、絶望か―。

 予告編は、ヴェネチア国際映画祭でトロフィーを手にするルカの姿からスタート。続いて、貧しい船乗りのマーティンが上流階級の娘エレナと出会い、文学に目覚め作家になると決意するが、応募した作品はすべて送り返され「本を読み始めたばかりで作家なんて」と言われてしまう様子が映し出される。

 しかし、そんな生活に窮したマーティンの前に、「社会主義は君の書いた物に意義を与える」と諭す人物が現れ、彼の人生に大きな転機をもたらす。「こんな世界を描くのは恥ずべきか?」と葛藤するマーティン。そして「成功を収めながらも、芸術性を失ってゆくひとりの作家。果たして彼を待ち受けているのは希望か、絶望か」というナレーションのもと、マーティンの波乱に満ちた人生模様が映し出され、最後は彼のアップに「絶望の青春」というキーフレーズが重なって幕を閉じる。

 日本版オリジナルポスターは、路地裏で煙草をくわえて何かを見つめるマーティンの姿をとらえたビジュアル。その傍らには、予告編でも登場した「絶望の青春」という印象的なコピーが添えられている。

 映画『マーティン・エデン』は9月より全国順次公開。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定