12星座【部屋に花を欠かさない】ランキング 牡牛座にとって花は生活必需品!

0

2020年07月14日 08:01  占いTVニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

占いTVニュース

写真写真

 ステイホームの期間中に、外へ出られないストレスを緩和すべく、部屋に花を飾るようになった人が増えたとのこと。これをきっかけに、花のある暮らしに目覚めたのでは? また、以前から部屋に花を欠かさない暮らしだった星座もいるでしょう。12星座ランキングで紹介します。


■第1位 牡牛座……五感を満たすため花は生活必需品
 牡牛座は、五感に特化した星座です。部屋に花のある暮らしは、まさに五感を満たしてくれるのでしょう。見た目の美しさは視覚に癒やしを、いい香りは嗅覚に癒やしを。音楽を流すにしても、花があることでより叙情的に聴こえてきます。食事だって、テーブルに花が飾られていることでよりおいしく感じます。ときには花びらに触れ、やさしい触覚に癒やされることもあるでしょう。以上を踏まえ、花は牡牛座の暮らしに必要不可欠な存在なのです。


■第2位 天秤座……美しい花は目の保養
 12星座界きっての社交家なので、周囲から「カッコいい彼氏ね」といわれることの優先順位が高い、つまりメンクイ星座と呼ばれています。そのメンクイ気質は、彼氏選びにとどまらず、世の中の美しいものすべてに向けられるご様子。美しい花は、見ているだけで目の保養になります。外で多少ムカつくことがあっても、家に帰って花瓶いっぱいに飾られている花を見ると、ギスギスした感情が洗い流されるような気分なのでしょう。


■第3位 蟹座……花の水やりに責任と愛しさを実感
 花は、機械と違って生きています。生きているからには、花瓶のお水を取り替えるという「お世話」が必要になります。世話好きの蟹座にとってお花のお世話は、さながら自分の子どもを育てているような、責任と愛おしさを同時に得られる行為なのでしょう。一石二鳥とはまさにこのこと。思い起こせば小学校の頃は、自ら進んでお花の水やり係に立候補していた記憶があるでしょう。その頃に培われた「育てる喜び」が、大人になった今でも活きているのです。


 第4位の魚座は、スピリチュアルに造詣の深い星座。花を飾ることで得られるヒーリング効果や開運効果に期待して、花を飾ります。第5位は、寄り道が大好きな射手座。仕事帰り、ふと立ち寄った生花店で何となく花を買うこともしょっちゅう。「ふと」「何となく」なので、花瓶は毎回ペットボトルで代用することになりますが、小っちゃなことは気にしません。


 第6位は、水瓶座。凝り性なので、生け花やフラワーアレンジメントのように、より斬新に飾ることに情熱を燃やします。そして画像はSNSへアップ! 第7位の乙女座は、ヘルシー志向の一環として、キッチンガーデニングで豆苗などを栽培しています。そのついで感覚で、花を飾る生活です。


 第8位の蠍座は、いずれ枯れたときにアンニュイな気分になるくらいならと、最初から花のない暮らしをセレクトするでしょう。第9位は、山羊座。家ではなく、職場のデスクに一輪挿しを置くタイプです。なぜなら、花による癒やしが必要なシーンは、家ではなく職場なので。


 第10位は、獅子座。バラのように華やかな花が好き。しかしバラを飾り続けるには、お金がかかります。なので生花ではなく、ブリザーブドフラワーを選ぶでしょう。第11位の双子座は、深く考え込むことが少ない性格です。ゆえに、花による癒やし効果は必要ないのです。


 そして第12位は、牡羊座。アクティブな性格で、家の中でも筋トレやシャドーボクシングなど、四六時中動き回っています。花なんて飾っていたら、うっかり花瓶ごと倒してしまい、いちいち大惨事となるでしょう。性格上、花は飾らないほうが賢明なのです。


 花を飾ることに馴染みがないと、お花屋さんへ入るにも緊張するかもしれません。ですが、思い切って一歩足を踏み入れてみることで、あなたの日常が劇的に華やぐ可能性大! ストレスを感じたら、花屋さんへ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
(菊池美佳子)


>>NEXT:12星座【家事ダメ女子】ランキング 双子座は家事に着手しても毎度途中棄権!


    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定