鬼越トマホーク、アンジャ渡部の後継者を予想 まさかの人選に納得の声

0

2020年07月14日 08:51  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

お笑いコンビの鬼越トマホークは12日、自身のYouTubeチャンネルを更新。活動を自粛しているアンジャッシュ渡部建の「後継者」を予想して話題になっている。

■媚びるべき芸人を紹介

「5年後のために媚びておいたほうがいい芸人ランキング」のベスト3を発表する企画を前後編に分けて実施。ツッコミ担当の金ちゃんが選ぶ3位はジャングルポケット(特に大田博久)、2位はマヂカルラブリー、1位はおばたのお兄さんだと発表。

そして、鋭い毒舌と的確な分析力が特徴で、芸能人の裏側を暴露する「note」も人気の坂井良多が選んだのは、3位がくりぃむしちゅーの上田晋也、2位が相席スタートの山添寛、1位は明石家さんまのサイボーグ版だと発表。

吉本の推し進めているロボット事業で5年後には、ネオ明石家さんまが完成するとボケていた。

関連記事:鬼越トマホークの指摘にネプチューンがブチギレ 「俺の思い代弁してくれた」

■山添が渡部の後継者?

その中で坂井は、渡部の後継者について言及。これまで渡部は、グルメ、野球、ラップなど、多岐にわたる仕事をこなしてきたが、それは得意の話術と自己プロデュースの仕方が上手かったことも大きいと分析する。

坂井によれば、その特徴をもつ若手芸人が山添だという。相席スタートといえば、どちらかというと相方の山崎ケイの活躍が目立つイメージだが、山添の一発逆転もあるとのこと。

■「胡散臭さも似ている」

坂井の発言を受けて金ちゃんは、山添の人付き合いや根回しの上手さなどを言及し、斡旋業者のような「胡散臭さも似ている」と共感。山添は、おいしい店を薦める際の説得力があるなど、話術に長けているという。

また、いわゆる「クズ芸人」と呼ばれる人たちの名前を挙げたうえで「あの人たちよりもクズなのに、ちゃんとしているって感じで見られている」と説明。山添は相方から借金をしてまでもギャンブルをするというエピソードがあり、かなり破天荒な一面を持っている。

■5年後はどうなっているのか

渡部の後継者発言に対してファンからは、「坂井は作家というかプロデューサーになれるセンス」「山添の説明は腑に落ちる」「現実味がある」など、坂井の分析力に対して、絶賛の声が続出。

その他には「胡散臭さも似ているは笑う」「コメント力がある」との金ちゃんの発言に対しても称賛の声がみられた。はたして、山添が渡部のポジションになるというふたりの予想は当たるのだろうか。

・合わせて読みたい→「アンジャッシュ、面白いのは児嶋」 爆笑・太田の発言に共感相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・小野田裕太

    あなたにおすすめ

    ニュース設定