大島由香里アナ、ポテサラ論争に怒り 傷ついた経験を明かす

1

2020年07月14日 10:01  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(KPS/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
(KPS/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
(KPS/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

13日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に、フリーアナウンサーの大島由香里アナが出演。ネットで話題となっているポテサラ論争について特集した。

■ツイッターで話題のポテサラ論争

ポテサラ論争は、惣菜コーナーで子供連れの女性がポテトサラダを買おうとしたところ、高齢の男性が「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」と言い放つ現場を目撃したというツイッターの投稿を発端に発生した論争。

ツイッターでは、「全時代的な男女差別」「料理を釣るくことに関して軽視しすぎ」「そもそも見ず知らずの人に言うことではない」といった批判が相次いだ。

関連記事:加藤綾子の「打ち合わせ風景」にツッコミの声相次ぐ 「これは完全に…」

■大島アナにも似た経験が

4歳の女の子の母親でもある大島アナはこの特集を聞くと、「どうしても子供が泣き止まないとiPadを見せている時に『iPadに子守りをさせるんじゃない』とか、子供を連れている時、携帯で道を調べていたら『子供連れて携帯みてるんじゃないよ』と結構言われる」と自身のエピソードを語った。

ポテトサラダを買おうとしていた女性に対し大島アナは「『ものすごい疲れているからお惣菜を買わせて』という日だったかもしれない」と思いやりつつ、「こういうのが一番傷つくし、悲しいし、このおじさんは多分ポテサラを作ったことがないんだろうな」とした。

■献立を考えるのが面倒な日も?

自炊する一人暮らしの人や、家族のために料理を作る主婦(主夫)でも献立を考えるのが面倒に感じる日もあるだろう。

しらべぇ編集部が、全国10代〜60代の料理をする習慣のある男女887名を対象に調査したところ、「献立を考えるのを面倒に思ったことがある」人は、全体の71.0%となった。

ポテサラ論争のきっかけとなるツイートや大島アナの経験を聞くと、こういった前時代的なオジさんが子連れの母に突っかかるケースは多いのかもしれない。

・合わせて読みたい→スタバガチ勢が気づいた『タリーズ』の魅力 これからの季節に最適だった

(文/しらべぇ編集部・Aomi

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年8月9日〜2019年8月14日
対象:全国10代〜60代の料理をする習慣のある男女887名 (有効回答数)

このニュースに関するつぶやき

  • 釣るく とはなんぞや?
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定