【映画ランキング】ジブリ作品が3週連続上位独占!『私がモテてどうすんだ』は4位発進

0

2020年07月14日 13:52  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真7月11日〜7月12日の全国映画動員ランキング1位:『千と千尋の神隠し』 (C) 2001 Studio Ghibli・NDDTM
7月11日〜7月12日の全国映画動員ランキング1位:『千と千尋の神隠し』 (C) 2001 Studio Ghibli・NDDTM
 7月11〜12日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、「一生に一度は、映画館でジブリを」のコンセプトのもと再上映されているスタジオジブリ作品が、今週も『千と千尋の神隠し』が1位、『もののけ姫』が2位、『風の谷のナウシカ』が3位と、3週連続上位を独占。新作映画の公開が徐々に増えてきているなか、圧倒的な強さを見せつけた。

【写真】写真で見る「7月11日〜7月12日全国映画動員ランキング」

 新作映画は、累計発行部数300万部を突破した人気コミックを実写映画化した『私がモテてどうすんだ』が4位。公開初日から3日間で、動員5万人、興収6450万円という数字を記録した。リー・ワネルが監督・脚本・製作総指揮を務めるサイコ・サスペンス『透明人間』は初登場6位、トレイ・エドワード・シュルツ監督が手掛けた青春物語『WAVES/ウェイブス』が初登場9位にランクインした。

 既存作品では、公開4週目を迎えた『ドクター・ドリトル』が6位、公開3週目の『ランボー ラスト・ブラッド』が7位、先週6位スタートの『MOTHER マザー』が8位、ジブリ再上映の『ゲド戦記』が10位となっている。

 7月11日〜7月12日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:『千と千尋の神隠し』
第2位:『もののけ姫』
第3位:『風の谷のナウシカ』
第4位:『私がモテてどうすんだ』
第5位:『透明人間』
第6位:『ドクター・ドリトル』
第7位:『ランボー ラスト・ブラッド』
第8位:『MOTHER マザー』
第9位:『WAVES/ウェイブス』
第10位:『ゲド戦記』

    あなたにおすすめ

    ニュース設定