「社交飲食店」呼称に歌舞伎町の飲食経営者が怒り 「ホスキャバ感染と表現して」

75

2020年07月15日 16:01  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

14日、東京都では新たに143名の新型コロナウイルス感染者が確認されたことが発表され、100人以上の感染者は6日連続となった。

その中でも問題となっているのが、ホストクラブやキャバクラなど接待を伴う飲食店でのクラスター感染で、新宿・歌舞伎町エリアでの感染者が目立っている。

■「夜の街」から「社交飲食店」へ?

そんな中、新型コロナウイルス感染症対策を検討する厚生労働省の「アドバイザリーボード」が開かれ、会議内では「夜の街」という呼称をやめて「社交飲食店」を使うことが決定した。

「社交飲食店」とは、接待行為を伴う飲食店を指す言葉であり、特定の客にべったりとついてお酌などを行う、キャバクラやラウンジ、ホストクラブなどの店舗が該当する。また、勘違いされがちだが、カウンター越しに接客をするバーなどは、「社交飲食店」には該当しない。

関連記事:東京都の新規感染者が47名に急増 18名感染のホストクラブに批判の声相次ぐ

■否定的な意見が続出

報道を受け、ツイッターでは「社交飲食店」がトレンド入り。「しっかりとした呼称にしないと他業態の人が救われない」「なんで物事の本質を隠すような表現にするの」「1つにまとめるのは無理がある」など、もっと分かりやすくすべきという意見が続出した。

一方、「呼称を変えるのはいいね。夜の街はよろしくなかったから」「前のよりは数段マシになった」好意的な意見もみられたが、やはり多くの人は社交飲食店という呼び方に否定的のようだ。

■飲食店で働く人の心境は…

では、「社交飲食店」に含まれないバーで働く人はどう感じているのだろうか。歌舞伎町でバーを経営する40代男性に話を聞くと、「『飲食店』という言葉を使ってほしくない」と怒りをあらわにした。

「『接待を伴う飲食店』という言葉も、ほとんどの飲食店は接客があるため本当に迷惑でしたが、『社交飲食店』もひどい。クラスターが発生しているホストクラブやキャバクラで、お酒を飲むことはあってもしっかり食べることってないでしょう? はっきりと『ホスキャバ感染』とか表現してほしいです」と語る。

■「接待を伴う飲食店」に

その後の報道によれば、菅義偉官房長官は15日の記者会見で「社交飲食店」と表現したことについて「『接待を伴う飲食店』にすべく厚労省で事務的に調整している」と述べたとのこと。

SNS上では「誰に気を使っているのかわからない」といった批判の声があがっている。

・合わせて読みたい→営業再開もセクシーダンサーはマスク着用 「この姿に慣れてもらうしか…」

(文/しらべぇ編集部・小野田裕太

このニュースに関するつぶやき

  • 結局、夜に限らず昼でも、歌舞伎町をうろつく人達自身が、こういう雰囲気なんだよね。 https://www.youtube.com/watch?v=ztr7g-TYtSE&feature=youtu.be
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 何に気を使ってこの名前にしてるんだろう? 定義がなく字面だけみたら、会話しながら飲食するほぼ大抵の店が該当する広い言葉
    • イイネ!20
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(52件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定