料理しながら体幹強化!ぽっこりお腹が凹むドローインエクサ

0

2020年07月15日 20:30  つやプラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

皆さんはキッチンにいる時、料理に集中する派ですか? それとも音楽を聞いたり、テレビを見ながら料理をしますか?

ここ最近は自宅のキッチンに立つ時間が増えていると思いますので、せっかくならば、その時間を使ってエクササイズをしてみましょう。

フィットネス美トレーナーの筆者が、キッチンでポッコリお腹を撃退するエクササイズをご紹介します。

■ポッコリお腹を撃退!ドローインエクササイズ

今回ご紹介する「ドローイン」とは、体幹トレーニングの基本となります。気になる「ぽっこりお腹」や「姿勢の改善」「腰痛改善」にもつながります。

ドローインエクササイズのやり方を簡単に説明すると、お腹を引っ込めたままの状態で呼吸をします。お腹を引っ込めたままの状態で呼吸をすることで、腹部の一番奥にある「腹横筋」までアプローチすることができます。

■「ドローインエクササイズ」のやり方

まずは、数回ゆっくりと腹式呼吸をして、お腹を動かす意識をしてみましょう。息を吸った時にお腹が膨らみ、息を吐く時はおへそを背骨に近づけるようなイメージでお腹をへこませます

(1)まずは、数回ゆっくりと腹式呼吸をして、お腹を動かす意識をしてみましょう。息を吸った時にお腹が膨らみ、息を吐く時はおへそを背骨に近づけるようなイメージでお腹をへこませます。

(2)数回腹式呼吸をして呼吸とともにお腹の動きを確認できたら、「これ以上はお腹がへこまない!」というところまで息を吐ききり、その状態をキープしながら再び呼吸を続けます。

慣れないうちは、(2)のお腹の状態を30秒キープして元に戻しましょう。慣れてきたら、キープ時間をだんだんと長くしていってください。

道具もいらず簡単にできますので、ぜひ今日から始めてみてください。自分でお腹をへこませてコルセットを作るようなイメージをもつとやりやすいかと思います。料理をする時以外にも、思い出したら実践してみてくださいね。

(フィットネス美トレーナー MIKA)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定