SUVスタイル+航続距離610キロのツインモーター四駆! 日産本気の新型EV「アリア」、気になるスペックは?

115

2020年07月15日 20:48  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真日産が2021年に発売する新型EV「アリア」
日産が2021年に発売する新型EV「アリア」

 日産自動車は7月15日、新型EV(100%電気自動車)「アリア」を発表しました。日本では2021年中頃に発売予定、価格は約500万円からとなる見込みです。



【画像】気になる主な仕様、航続距離やサイズまとめ



 アリアは、同社初の100%EV「リーフ」に続く、クロスオーバーSUVスタイルの新型EVです。



 東京モーターショー2019で披露したコンセプトモデルとほぼ変わらないスタイルで、伸びやかなフォルム、作り込まれたヘッドライトの造形から、ツインモーター四駆システムによるハイクラスな走行性能、高度運転支援機能「プロパイロット 2.0」、性能アップデートなども見込むコネクテッド機能といった先進機能を備えて登場します。



●航続距離最大610キロ、ゼロヒャク5.1秒「スポーツカーに匹敵する加速性能」



 EVとしてのアリアのポイントは「航続距離」と「高度な四駆システム」です。90kWhの大容量バッテリー搭載グレードは航続距離最大610キロ(WTLCモード時)と長距離の移動が可能。リーフの大容量バッテリーモデル「e+」の同458キロ、テスラのEV「モデル3 スタンダードレンジ プラス」も上回ります。



 また「e-4ORCE(イーフォース)」と名付けられた前後2モーターによる四輪駆動システムには、GT-Rなどの4WD高性能車で長年培ってきた電子制御駆動力制御機能「アテーサ E-TS」に由来する技術を注ぎ込みます。



 最高出力は290kW(約394馬力)、最大トルク600Nm(約61.2kgf-m)とする強力なツインモーターで発生した駆動力を適切に配分し、停止から時速100キロまで5.1秒で到達する高級スポーツカー並みの加速性能を実現します。「フェアレディZに匹敵する加速性能を実現する」(日産自動車の内田誠社長)。



 併せて、日産のブランドロゴも刷新。2023年度末までにe-POWER搭載車を含む電動車を年間100万台以上販売する目標に向け、アリアを「EV時代の日産」の幕開けを示す車種に据えます。アリアに続き、今後18カ月間に12車種の新型車を発表する予定としています。


このニュースに関するつぶやき

  • 軽バンのEV、200万位で買えるの作って欲しい。
    • イイネ!7
    • コメント 0件
  • 電気自動車は走行するときは二酸化炭素出さないからエコだけど、電気って石油燃やして出来てる事を忘れちゃいけないよ。
    • イイネ!20
    • コメント 9件

つぶやき一覧へ(77件)

あなたにおすすめ

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定