広島・一岡、今季初登板 山崎隆造氏「彼にかかる期待は当然大きい」

4

2020年07月15日 21:34  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真広島の一岡竜司
広島の一岡竜司
● 広島 1 − 12 巨人 ○
<5回戦・マツダ>

 広島の一岡竜司が、今季初登板を果たした。

 0−11の8回からマウンドにあがった一岡は、先頭の重信慎之介を149キロのストレートで空振り三振。

 この投球に15日に放送されたRCCラジオの制作で、ニッポン放送で放送された広島−巨人戦で解説を務めた山崎隆造氏は、「スピードガンを見る限り、スピードは戻っているというか出ていますね。ストレートあっての変化球という考え方になりますからね」とコメント。

 一岡は続くウィーラーを139キロのフォークで空振り三振に打ち取った。山崎氏は「ストレートが走っているぶん、あそこに投げられるとバッターは反応してしまいますよね」と話した。

 一岡は岡本和真を遊ゴロに仕留め、今季初登板は1回、0安打、2奪三振、無失点という投球内容だった。

 山崎氏は「過去の実績もそうですけど、中継ぎが苦しい中、彼にかかる期待は当然大きいですよね。彼の場合のキーワードはボールのキレとコントロールですよね」と話していた。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)

このニュースに関するつぶやき

  • 一岡復帰で1イニング3凡。この試合の見どころは以上や( ̄ー ̄)。復帰めでたい。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • つってもさ、いきなり一岡をクローザーになんて、彼も経験無いし、メンタルは強い方ではないので 失敗する。やめとけよ。
    • イイネ!28
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定